こじらせ男子になってない? 女子を困らせる8つの特徴と恋愛パターンを診断しよう

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

女子たちに、思わずため息をつかせるこじらせ男子。今回は、その特徴や恋愛における行動パターンを徹底解説します。あてはまるものがないか、ぜひチェックしてくださいね。もし「僕、こじらせ男子かも……」という気づきがあったなら、彼女とこじれる前に改善を。

こじらせ男子とは?

http://www.gettyimages.co.jp/

こじらせ男子とは、人間関係や物事をスムーズにいかせない男性のこと。「こじらせる」という言葉の意味そのままに、「面倒にさせる」「複雑にさせる」「難解にさせる」のが特徴です。

こじらせ男子の多くが、そのことにピンときていません。つまり自覚していないのです。だからこそ、こじらせ男子なのかもしれません。

それではここから、具体的な特徴や行動パターンを見ていきましょう。

こじらせ男子の特徴8つ

1.プライドが高い

http://www.gettyimages.co.jp/

こじらせ男子の多くはプライドが高いです。もちろん、プライドが高いのは悪いことではありません。ただ、プライドが高いため会話や人間関係をこじらせ、相手を不快にすることは多々あります。

たとえば「自分が間違っていても認めない」「自分をいつも優位に立たせようとする」「自分の専門性を披露したがる」という傾向があります。

2.ビッグマウス

http://www.gettyimages.co.jp/

こじらせ男子は、たいていビッグマウスです。それは、話を大げさにすることで「人の気を引ける」という感覚があるからです。「注目されたい」「関心を集めたい」というのもこじらせ男子の特徴的欲求。

さらに掘り下げると、「かまってほしい」という心理にも行きつきます。そのため複数で会話をしていても、持ち前のビッグマウスでつい自分を主役にしたがります。結果、会話の流れをこじらせるのです。

3.自己中心的

http://www.gettyimages.co.jp/

こじらせ男子は基本、「俺が、俺が」というスタンス。ただそれは、リーダーシップという気質ではありません。「自分の好きなこと」「自分の得意なこと」だけで目立ちたいという、至って自己中心的なものなのです。

リーダーシップを発揮するには、むしろ「人の嫌がること」「自分の苦手なこと」も率先して行う必要があります。こじらせ男子には、この傾向はありません。「確実に喝采を浴びられる場面」でだけ「俺が、俺が」と前に出るのが特徴です。

4.器が小さい

http://www.gettyimages.co.jp/

こじらせ男子は、「大人の中二病」とも言われます。それは、思春期の男子にありがちな「ややこしい」特徴があるからです。つまり身体は大人でも、器量や度量が育っていないのです。

やはり見た目は立派な大人なので、周囲は大人として接します。しかし、やがて「この人、器が小さいかも……」と見抜かれます。中二病特有の「知ったかぶり」や「デキる男アピール」が裏目に出て、実は肝心なところで「機能しない」ことがバレるからです。

5.空気が読めない

http://www.gettyimages.co.jp/

こじらせ男子には、その場の空気をこじらせる特徴があります。たとえば「緊張感のある場面でつまらない話をする」「女性が数人で女子トークをしている中に入り、自分の話をする」「職場で皆が帰りたそうにしているのに、話を終わらせない」など。

こじらせ男子のベースにあるのは「自分」です。常に「自分の気分」「自分の都合」「自分のポジション」が優先。そのため、コミュニケーションにおいて大いにこじらせっぷりを発揮します。

6.過去にこだわる

http://www.gettyimages.co.jp/

こじらせ男子との会話には、とにかく過去の話がたくさん。「過去の栄光」「過去の古傷」「過去の後悔」などをテーマに、「あの頃は」「昔は」と話したがります。これは、こじらせ男子と長い付き合いの幼なじみでもなければ、なかなか共感できない傾向です。

こじらせ男子がそのような過去にこだわるのは、過去のあらゆる出来事や心理的変化を自己消化できていないという理由があります。つまり、その都度「なぜそうなのか」と客観的に処理できていないため、いつまでも過去から抜け出せていないのです。

7.自己顕示欲が強い

http://www.gettyimages.co.jp/

こじらせ男子には「自分を知ってほしい」「自分を理解してほしい」「自分を認めてほしい」という強い欲求があります。それは、「自慢話が好き」「SNS発信は自分ネタばかり」「家族のことをよく話す」という行動に表れがちです。

あまりにこの行動が過ぎると、周囲の人を疲れさせます。なぜなら「対応に限界がある」から。初めは「へぇ、そうなんだ、すごいね!」「キミ、面白いね」「親近感がわくよ」と興味を持たれても、やがて「ありがとう、もう十分だよ」と距離を置かれることもあるのです。

8.感情の起伏が激しい

http://www.gettyimages.co.jp/

こじらせ男子は、感情のコントロール不足で人間関係をよくこじらせます。特に、「怒り」のコントロールが苦手。ムッとしたり、イラッとしたとき、すぐに表情に出します。ひどい場合、人や物にあたります。

ただ、攻撃的な態度でケンカを仕掛けているわけではありません。怒っているこじらせ男子には、「なだめてほしい」という欲求が働いています。そのため、「怒り」をわざわざ示しているふしもあります。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine