意外に身近にいた! 猫かぶりな女の特徴5つとなぜかモテる理由はコレ

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

猫かぶりな女とはどのような女性のことでしょうか? その特徴を知れば、身近に猫かぶりな女性がいると気づいてしまうかもしれませんよ。それでは、猫かぶり女の正体を明かすとしましょう。

猫かぶりな女の意味は?

www.gettyimages.co.jp/

そもそも「猫をかぶる」には、「本性を隠していい子ぶる」「知っているのに知らないふりをする」という意味があります。これが「猫かぶりな女」になると、「可愛い子・ぶりっ子」という意味で使われます。

それではここから、そのような女性の特徴とモテる理由を具体的に見ていきましょう。さぁ、あなたの身近に猫をかぶっていそうな女性はいるでしょうか?

猫かぶりな女性の特徴5つ

1.甘えるときに声や口調が変わる

www.gettyimages.co.jp/

「猫なで声」という言葉があるように、本物の猫はおねだりをするときに甘い声で要求します。「お腹空いたよ~」「お外に行きたいよ~」「なでなでして欲しいよ~」という具合です。

これを猫かぶり女性にあてはめると──。「仕事を手伝ってほしい」「休みを代わってほしい」「ごちそうしてほしい」「家まで送ってほしい」「服を貸してほしい」といったところでしょうか。

お願いや頼みごとを聞いてほしい。自分の都合を優先させてほしい。このようなリクエストを相手に受け入れてもらいたいとき、甘~い声や口調になります。

2.本音や本心をなかなか明かさない

www.gettyimages.co.jp/

爪を隠す動物は「能ある鷹」だけではありません。猫もまた、普段は爪を隠しています。威嚇や攻撃、転落防止のとき以外は──。

猫かぶり女性はというと、やはり隠しています。それは爪ではなく、「本音」や「本心」です。猫かぶり女性にとって、これらを見せるのは「よほどのとき」。つまり、猫がむやみに爪を出さないように、猫かぶり女性も本音や本心を簡単には見せません。

たとえば「〇〇ちゃんはどう思う?」と聞かれても、「え~、よくわかりません」「そうですねぇ、□さんと同じでいいですよ」「皆さんはどうなんですか?」と曖昧な返事。

「自分はこう思う」「自分はこうしたい」ということを、はっきり告げて嫌われたくないのが猫かぶり女性の本性。「相手をすぐに信用しない」という理由もあります。

3.苦手な人への態度は豹変する

www.gettyimages.co.jp/

豹(ヒョウ)がネコ科だからというわけではありませんが、猫は苦手な相手を前にすると豹変します。「シャーーッ」と荒々しく声を上げ、毛を逆立てるのです。

猫かぶり女性の場合、苦手な人には驚くほど冷たくなります。また、不機嫌そうな態度を見せることもあります。それはおそらく、「これ以上近づかないで」というメッセージ。

猫かぶり女性が見せる、「猫をかぶっていない」貴重な場面がこのシーンです。

4.食が細いフリをする

www.gettyimages.co.jp/

たいていの猫は、1度にたくさんのキャットフードを食べません。少しの量で何回か食べ、1日の目安量を摂取します。猫かぶり女性がこれを真似ているわけではありませんが、特徴としては「食の細さ」がポイント。

「もう食べられな~い」「お腹いっぱ~い」が口癖の猫かぶり女性。女子会やコンパでは、絶対的にこういって早々に「ごちそうさま」します。

手を付ける料理は、サラダやフルーツ、パスタなど軽めのもの。お肉系や揚げ物など、こってりしたものはほとんど口にしないのが猫かぶり流です。

5.赤裸々トークは笑ってごまかす

www.gettyimages.co.jp/

女子トークや合コントークでは、いわゆる「下ネタ」や「経験談」で盛り上がる場面があります。もちろん強制的なものではないので、話さないことがNGなわけではありません。

ただ、猫かぶり女性のレスポンスは明らかに不自然。「知らな~い」「覚えてな~い」「意味がわからな~い」と笑ってごまかします。

これには、周囲も「そんなわけないでしょ……」とあきれ顔。猫の「聞こえているのに聞こえていないフリ」は可愛いですが──。猫かぶり女性のぶりっ子は、敬遠されるケースが多いのです。

なぜか猫かぶり女性がモテる理由

女子力をアピールするから

www.gettyimages.co.jp/

モテる猫かぶり女性は、ぶりっ子の達人。それは、高い女子力があるからです。もちろん、すべて男ウケを計算してのもの。

「エアリーなヘアスタイル」「ゆるふわフェミニンコーデ」「甘いフレグランス」「猫目アイメイクにつやつやグロス」──。これらは、あくまでも男性の心をくすぐるため。実際の自分のお好みスタイルとは一致しない場合もあります。

また、「上目遣いで見る」「恥じらう」「ソフトタッチする」といった、モテしぐさにもぬかりがありません。このような猫をかぶられれば、男性の方が「猫じゃらし」をチラつかされている気になりますね。

か弱いふりをするから

www.gettyimages.co.jp/

猫が、一番デリケートなお腹を見せてクネクネすれば、どのような飼い主も骨抜きです。そして、それが「マッサージしてちょうだい」の合図なら、「しょうがないなぁ」と体に触ってあげるのです。

モテる猫かぶり女性にも、このような習性があります。それは「か弱いフリ」。「重いよ~」「痛いよ~」「付いていけないよ~」という言葉で、男性に訴えるのです。

もちろん男性は、「もう、しょうがないなぁ」と女性に応えます。やはり多くの男性が、「強くてたくましい女性」より「弱々しくて守りたくなる女性」を好むもの。

猫かぶり女性は、そのことをちゃ~んと知っていますよ。

酔ったフリをするから

www.gettyimages.co.jp/

食事をしていて、女性が「酔っちゃった~」ともたれかかってきたらどうでしょう? よほど苦手なタイプでなければ、どの男性も悪い気はしないはずです。

「またたび」に酔ってうつろになった猫のように、男性にしなだれかかる猫かぶり女性。実はこのアピールには、モテる猫かぶり女性の計算が隠されています。

「酔ったフリをして男性にタッチする」「酔ったように見せ、自分への好意を聞く」「酔ったことを口実に送ってもらう」などなど。男性にとってはどれもこれも「その気」にさせられるアクションです。

ポイントをついて媚びるから

www.gettyimages.co.jp/

モテる猫かぶり女性は、男性心理を熟知しています。それは「どうすれば男性が喜ぶかを知っている」ということです。

「褒める」「愛想よくする」「質問する」というのは当たり前。「ときにわざとドジを踏む」「まれにサプライズで感動させる」「たった1度だけ涙を見せる」という、上級テクニックの媚びもつかいます。

「どうすれば」だけでなく、「いつ・何でもって・どれくらいの加減で」媚びることがベストなのかさえ理解しているのがモテ猫かぶり。ほとんどの男性には、この「化けの皮」ははがせないでしょうね。

口で巧みに表情を作るから

www.gettyimages.co.jp/

猫好きの飼い主にとって、猫の感情表現でたまらないのが「猫パンチ」です。猫同士で、同居する犬に対して、あるいはちょっかいをかける飼い主に向けて「パンッ」と前足を出すアクション。普段はクールな猫がやるからこそ、「可愛い」のです。

では、猫かぶり女性の場合は──。巧みな表情です。特に「口元」ではないでしょうか。口というのは、とてもセクシャルな部分。そこを変幻自在に動かします。

たとえば、唇をすぼめて頬をふくらまし、「プーッ」と怒ったような表情を作るのは定番です。また、舌をすこしだけ「ペロッ」と出し、とぼけるような表情も鉄板。

さらには男性の話を聞いているとき、口を半開きにして「アヒル口」で見つめる完成度の高い表情もあります。モテる猫には、「猫だまし」という必殺の「口技」があるようですよ。

猫かぶりな女にご用心

www.gettyimages.co.jp/

猫かぶりな女性に、悪意があるわけではありません。もしかすると、猫をかぶって自分を守るしかないのかもしれません。ただ、そのペースに心を乱されないよう、用心だけはしておきましょう。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine