【実家暮らしの男女】デートのストレス&結婚に至りにくい理由があった!

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

大人になっても実家暮らしをしている男女。生活面ではメリットも多いわけですが、恋愛においてはデメリットもいろいろあります。今回は、その実情などを検証。男女の実家暮らしについて深掘りします。

実家暮らしの男女ってどうなの?

http://www.gettyimages.co.jp/

早々に実家を巣立った人なら、いつまでも実家暮らしをしている大人に疑問を持つかもしれません。「不自由じゃないの?」「親がうるさくはないの?」「世間体は気にならないの?」と。

逆に、実際に実家暮らしをしている人の場合、「いつまで許されるもの?」と周囲の目が気になるのではないでしょうか。それでも「なかなか家を出るきっかけがない」「外で暮らす勇気がない」という本音もあるでしょう。

それではここから、実家暮らしについてさまざまな観点から検証していきましょう。さぁ、メリットとデメリット、あなたにとってはどちらが勝つでしょうか?

実家暮らしが許されるのは何歳まで?

http://www.gettyimages.co.jp/

大人の実家暮らしへの評価はどうなのでしょうか? ここでは、いくつかの「声」をご紹介しましょう。

実際は、もっと多くの意見があります。ただよく見かけるのは、「30歳」というボーダーライン。男女とも、結婚を焦り始める年頃でもあります。やはり「自立=結婚」というイメージがあるからかもしれません。

ただ、結婚願望の有無に関係なく、30歳で実家暮らしをしている場合は男女とも「何かあるのかな?」と勘ぐられてしまうこともあるようです。

実家暮らしの男女が敬遠される特徴は?

世間知らず

http://www.gettyimages.co.jp/

実家暮らしをしている男女の場合、多くのことを親に任せきりです。たとえば、「地域の活動」「税金の納付」「住まいのメンテナンス」など。もし実家暮らしの人が、突然1人暮らしになったらどうでしょう。

きっと、地域の活動ノウハウや自治会費のシステムに戸惑うでしょう。贈与税や固定資産税、公共放送の視聴料など、納付義務の多さに言葉を失うかもしれません。ほかにも水漏れや雨漏りなど、家のトラブルにすぐ対処できないといったケースも考えられます。

これらからわかるのは、実家暮らしの人が親に依存しやすいという傾向。そのため、世間知らずな面がいくらかあります。

金銭感覚が甘い

http://www.gettyimages.co.jp/

実家暮らしの大きなメリットが、生活費の負担が少ないという点です。まず、両親が住宅ローンを完済している場合、家賃というものが不要です。また、母親が食事を用意してくれる場合、食費が浮いていることもあるでしょう。

このように実家で何らかの経済的サポートが受けられれば、自分の収入のほとんどを自由に使えます。そのため、金銭感覚が甘くなる人も多いです。

生活力が低い

http://www.gettyimages.co.jp/

実家暮らしでは、生活力がつきにくいです。家事全般はもちろん、行政手続きや近所づきあいなど、生活に不可欠なことを手がける機会が少ないからです。

特に、1度も実家から出たことがない人の場合、親からそれらを引き継ぐきっかけがほとんどありません。親の「いつまでも子どもだから」という感覚が消えないのも原因です。

子どもは親に甘えっぱなし。親は子どもを甘やかしっぱなし。このような状態が長いと、子どもの生活力はなかなかつきません。

自立心がない

http://www.gettyimages.co.jp/

実家暮らしが長い人ほど、実家暮らしに慣れていきます。たとえば思春期の頃はうっとうしいと思っていた親の存在も、ある年齢を境に気にならなくなるものです。

そして大人になるにつれ、よいこともめぐってきます。自家用車を使わせてもらえたり、先に自立した兄弟の部屋をあてがってもらえたり、などです。

このように実家暮らしが自分になじんでくると、なかなか自立する気になれません。その結果、自立心のなさがそのまま結婚願望の低下につながるケースもあります。

彼女が実家暮らしだとデートはストレス多し!?

デートできる日が限られる

http://www.gettyimages.co.jp/

彼女が実家暮らしの場合、いつでもデートができるわけではありません。彼女の住んでいる場所が職場から遠い場合、退社時間によっては仕事帰りのデートは厳しいでしょう。

また、お互いに休日でも、彼女の方に家の用事が発生する場合があります。実家暮らしではそちらを優先しないといけない空気もあります。

門限や外泊などの規制がある

http://www.gettyimages.co.jp/

実家暮らしの彼女には、たいてい門限があります。また、外泊が原則禁止、もしくは親の許可が必要といった家ルールもあるでしょう。これらは、彼女の年齢が若いほど厳しいかもしれません。

このような場合、デートの終了時間を門限に合わせなければなりません。恋愛関係を進展させるための「お泊り」や「旅行」も気軽に計画できません。

家事ができないので自分の親に紹介しにくい

http://www.gettyimages.co.jp/

実家暮らしの彼女に、「家事ができない」という弱点があることはまれではありません。すると、彼氏にとっては自分の親に紹介しにくいこともあるでしょう。

もし母親に「今度うちの庭でバーベキューするから、彼女を連れて来なさいよ」などと言われようものなら──。嫌な予感しかしないかもしれません。

下ごしらえや後片付けなど、彼女がスムーズにこなせると思わない……。下手したらボーッと立っているだけかも。あぁ、そんな姿を母親に見られてはまずい。

このようにマイナスイメージしかわかなければ、母親つきの自宅デートはストレスフルです。

彼女の親に結婚のことを聞かれる

http://www.gettyimages.co.jp/

彼女の実家に行く度に「で、結婚はいつ頃?」と聞かれれば、プレッシャーです。たとえ結婚を前提に付き合っていても、結婚を急かされているように感じるかもしれません。

彼女の親にしてみれば、結婚のための準備を整えるつもりもあるでしょう。親戚への報告や経済的援助など、具体的に働きかけたい場合もあるはずです。また、彼女が親を通じて結婚を催促していることも考えられます。

いずれにしても、両親が迎えてくれる実家デートは、彼氏にとって楽しいだけのものではないかもしれません。

お互い実家のカップルは結婚に至りにくい!?

結婚するメリットやきっかけが見つからない

http://www.gettyimages.co.jp/

お互いが実家暮らしのカップルは、「おいしいとこだけ」の関係で成立します。「会いたいときだけ会う」「デート用の自分だけを相手に見せる」「相手のために家事や生活費支援をしないでよい」といった、交際のためだけの関係。

このような関係が長く続けば、結婚するメリットやきっかけを見出せなくなります。自由に使える収入と親からの生活サポート。住み慣れた家。このような環境に満たされているカップルほど、結婚によって失うものの方が多い気さえするでしょう。

男性がマザコンや貯金なしなら希望は薄い

http://www.gettyimages.co.jp/

実家暮らしが長い男性には、「マザコン疑惑」「貯金なし疑惑」がかけられがち。本人にその自覚がなくても、やはり母親の料理や世話に慣れきっているでしょう。親の経済に頼る癖があれば、結婚資金を貯めている可能性も低いのではないでしょうか。

彼女にこのような疑惑が事実だとバレた場合、「私たち、このままでいいよね」と言われかねません。

実家暮らしの男女にはメリットもデメリットもある

http://www.gettyimages.co.jp/

もしかすると、実家暮らしは大人になるほど快適かもしれません。そもそも「家」というのは生活の拠点。そのことだけを見れば、実家暮らしにはメリットがたくさんあります。

ただ、自分で「家庭」を持ってもおかしくない年齢になると、不都合もちらほら。周囲の目が気になるだけではありません。恋愛条件や結婚へのステップで実家暮らしがネックになることも。

いくら実家が快適な場所とはいえ、年齢に応じた心の自立や生活能力は身につけたいものですね。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine