[入門編]知らないと損する大人のウイスキーの種類と飲み方|おすすめのおつまみまで徹底網羅

ライフスタイル

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

ウイスキーはただアルコール度数が高いだけの酒じゃない!

ウイスキーと聞くと、「ただ酔っ払いたいだけに飲むお酒」というイメージをお持ちの方もいるのではないのでしょうか?アルコール度数が高いので、そのようなイメージを持つ方がいるのも仕方がないことなのかもしれません。しかし、ウイスキーはただのアルコール度数が強いだけのお酒ではないのです。ウイスキーは芳醇な香りを楽しんだり、加水などで変化する味を愉しむこともできる、魅力に溢れたお酒と言えます。

今回は、ウイスキーの種類と飲み方、ウイスキーに合うおつまみまで紹介していきます。ウイスキーが好きな方も嫌いな方も、新しいウイスキーの愉しみ方が発見できるかもしれませんよ?

ウイスキーの基本的な飲み方・割り方

①そのままの味を愉しむ|ストレート

氷や水などを入れずに、ウイスキーの持つ芳醇なおいしさと鼻を抜ける香りを愉しむことができる飲み方です。王道の飲み方と言えるでしょう。

注意点は、チェイサーを一緒に頼むことです。チェイサーはお冷のことで、お店によっては炭酸水が出てくることもあります。お酒を飲んだ後に追いかけて(chase)飲むことがチェイサーの名の由来だと言われています。ウイスキーを飲んだ後に水を飲むことで、口の中にウイスキーの味や香りが広がりますので、より深く味わうことができるでしょう。また、酔い過ぎの防止にも効果が期待できるかもしれません。

ウイスキーとチェイサーを交互に少しずつ飲むのがオススメです。

②ストレートは強過ぎるけどできるだけそのままで|ロック

ストレートは強すぎる、もしくは冷たい方が好み、という方はロックで飲むもいいです。グラスに氷とウイスキーを入れて飲む飲み方です。

ロックを飲む際の注意点は混ぜ過ぎないことです。混ぜ過ぎると、すぐに氷が溶けてしまい、ウイスキーの味が薄まってしまいます。少しずつ氷が溶けていって、変化する味を愉しむのもロックの醍醐味です。

また、氷とグラスが奏でる音もロックで飲む魅力の1つと言えます。ロックで飲む際も、チェイサーを忘れずに頼んでおくといいでしょう。

③食事にも合う|水割り

グラスに氷とウイスキー適量と冷水を入れて混ぜて飲む飲み方です。ウイスキーの味や香りは薄まりますが、水がウイスキーの持つ強い個性を柔らかく包み、まろやかな味わいになります。

食事と一緒に愉しむこともできる飲み方です。または、家でゆったり寛ぐ時なんかにもいいでしょう。

④爽やかで飲みやすい|ハイボール

グラスに氷とウイスキー適量と炭酸水を入れ混ぜて飲む飲み方です。炭酸水の爽快感とウイスキーの味を引き立ています。レモンピールなども一緒に使うと、より爽やかになります。炭酸水をジンジャーエール、コーラー、サイダーなどにするのもアリです。
居酒屋などでもよく見かけますが、バーなどでは独自のこだわりを持ったハイボールを楽しむことができるところもあり、意外に奥が深くもあります。料理との相性もいいと言えます。

⑤テイスティングにも用いられる|トワイスアップ

グラスにウイスキーと常温の水を1:1で入れて飲む飲み方です。ウイスキーの芳醇な香りを愉しむのに最適な飲み方とも言われています。常温の水が、ウイスキーのまろやかさと香りを引き出します。
「ストレートはキツイけど、水割りだと物足りない」という方にオススメの飲み方だと言えるでしょう。

⑥夏にピッタリの清涼感|ミスト

グラスにクラッシュアイスを敷き詰めて、そこにウイスキーを注ぐ飲み方です。グラスの外面に、水滴がついて霧のように見えるので、ミストという名がついたようです。
キーンとした冷たさも感じることができるので、どちらかと言うと夏向けの飲み方と言えます。

⑦ロックと水割の中間|ハーフロック

ロックの飲み方に同量の水を入れて飲む飲み方です。水割りとロックの中間くらいの飲み方と言えます。水によって引き出されたウイスキーのマイルドな味を楽しむことができます。
「ロックだと少しキツイけど、水割りは物足りない」という方にオススメの飲み方です。

⑧暖かいグラスから柔らかく香る|ホットウイスキー

お湯とウイスキーを混ぜて飲む飲み方です。暖かいグラスから立ち込めるウイスキーの芳醇の香りを楽しむことができます。レモンなどの柑橘系など、ホットウイスキーと相性のいいトッピングも多いので、様々な愉しみ方もできるでしょう。
また、山場や川辺などのアウトドアで飲めば、体を温めることもできるので、アウトドアにもオススメの飲み方です。

⑨変化する味を楽しめる|ウイスキーフロート

ウイスキーフロートは、氷と水を入れたグラスにウイスキーを注いで飲む飲み方です。水割りと異なる点は混ぜないところです。ウイスキーを水と氷の上に浮かせておくようなイメージです。
飲むたびに変化するウイスキーの味を愉しむことができる飲み方です。見た目も美しいです。

ウイスキーの種類

①世界一の生産量を誇る!スコッチウイスキー

英国のスコットランドで生産されるウイスキーのことです。世界一の生産量を誇り、種類と蒸溜所の数も圧倒的と言われています。

味の特徴としては、スモーキーな香りが強く印象に残るでしょう。他の香味に、洋ナシの甘み、蜂蜜のような甘み、まったりとした口当たりなどもあります。その香味の多さも魅力的で、味わい深いウイスキーと言えます。

おすすめスコッチウイスキーは、シーバス・リーガル、バランタイン、ジョニー・ウォーカーです。

②飲みやすく初心者向きかも!?アイリッシュウイスキー

アイルランド共和国および北アイルランドで作られているウイスキー。雑味がなく、ふんわりとした麦の香りが感じられるウイスキーです。まろやかな味わいで飲みやすいウイスキーと言えます。また、種類も多くないため、初心者にオススメのウイスキーでしょう。

オススメのアイリッシュウイスキーは、タラモアデビュー、ジェムソン、ブッシュミルズです。

③ワイルドで力強い味!バーボンウイスキー

アメリカのケンタッキー州で生産されるウイスキー。ライ麦、大麦、トウモロコシなど原料にされる穀物の種類が多く味も多様です。

ライウイスキーはスパイシーさ、コーンウイスキーは甘い香りなどの特徴があります。また、甘いバニラの香りが感じられたり、荒々しく力強いアルコールが感じられるのも特徴的です。

バーボンウイスキーのオススメは、メーカーズマーク、アーリータイムズ、ブラントンです。

④スパイシーでまろやかな味わい|カナディアンウイスキー

カナダ国内で生産されるウイスキーです。ライ麦、大麦、トウモロコシなど原料とする穀物が近く、国も近いアメリカン・ウイスキーと似ています。

伝統的なカナディアンウイスキーの特徴は、ツンとしたスパイシーな香りです。そのスパイシーさの中にもまろやかさがあり、深みのある味わいとも言えます。

オススメのカナディアンウイスキーは、カナディアンクラブ、クラウンローヤル、アルバータプレミアムです。

⑤やっぱり日本人には一番飲みやすい!?ジャパニーズ

その名の通り日本で生産されるウイスキーです。日本で生産されるウイスキーは、サントリー社とニッカ社がシェアの90%を占めているそうです。スコッチを手本として開発、研究がされていました。そのため、スモーキーな香りがありますが、日本人の口に合うように抑えめにされています。飲みやすいながらも、重厚で繊細な味わいを愉しむことができます。

ジャパニーズウイスキーのオススメは、山崎、余市、響です。

ウイスキーを使った主なカクテル

①キレイな見ためで女性にもオススメ|ニューヨーク

ウイスキー、グレナデンシロップ、ライムジュース、砂糖を使ったカクテルです。グレナデンシロップの赤色が美しく、ニューヨークの日の出を連想させます。見ためも楽しめるショートカクテルと言えるでしょう。ライムの爽やかな酸味と、グレナデンシロップの甘みが特徴的です。

【材料】
・ウイスキー(ライまたはバーボン)…45ml
・グレナデンシロップ…1/2tsp
・ライムジュース…15ml
・砂糖…1tsp

【作り方】
材料を(可能であればシェイカーで)混ぜて、グラスに注ぎます。オレンジピールを飾ると、よりオシャレになります。

②甘い香りが絶妙|ゴッドファーザー

ウイスキーとアマレットを使ったカクテルです。アマレットのアーモンドのような甘い香りが、ウイスキーと絶妙にマッチしています。お酒とお酒を組み合わせたカクテルなので、アルコール度数は高めのカクテルと言えるでしょう。有名な映画「ゴッドファーザー」にちなんで作られたそうです。

【材料】
・ウイスキー…45ml
・アマレット…15ml

【作り方】
氷を入れたグラスにウイスキーとアマレットを入れて混ぜます。

③大人な味わい|アイリッシュ・コーヒー

ウイスキー、コーヒー、砂糖、生クリームを使用したカクテルです。コーヒーを使った深いコクが特徴的な、大人に味わいのカクテルと言えます。是非、アイリッシュウイスキーを使って愉しみたいものです。

【材料】
・ウイスキー(アイリッシュ)…30ml
・ホットコーヒー…適量
・角砂糖またブラウンシュガー…2、3個
・生クリーム…適量

【作り方】
グラスにホットコーヒーを入れ、ウイスキーを注いで混ぜます。その上に生クリームをのせたら完成です。

④爽やかな味でお酒が苦手な方でも|クロンダイク・クーラー

ウイスキー、レモンジュース、ガムシロップ、ジンジャーエールを使用したカクテル。ほのかな甘みと爽やかな酸味が特徴的で飲みやすいカクテルです。お酒が苦手な方は、ガムシロップやジンジャーエールを多めにしてもいいでしょう。

【材料】
・ウイスキー(バーボン)…45ml
・長めのレモンの皮…1個分
・レモンジュース…1tsp
・ジンジャーエール…適量
・ガムシロップ…1tsp

【作り方】
長めのレモンの皮をグラスの内側にグルグル巻きに飾ります。その中に氷、ウイスキー、レモンジュース、ガムシロップの順に入れます。そして、混ぜたら完成です。

ウイスキーに合うおつまみ

①豊かな香りが絶妙!チーズ

おつまみの定番であるチーズ。チーズはもちろんウイスキーとも相性がいいのです。チーズとウイスキーの様々な種類の組み合わせを試して、自分オリジナルの一番の組み合わせを見つけるのも愉しいでしょう。

②ウイスキーのおつまみと言えばこれ!ナッツ

程よい塩加減と、香ばしさがウイスキーと相性抜群のナッツ。ナッツも様々な種類があるので、色々試して自分好みの組み合わせを見つけると、より深く愉しむことができるでしょう。

③口の残る甘い香りが相性抜群!ドライフルーツ

ドライフルーツは、酒漬けのものもあるくらいなので合わないわけありませんよね。口の中にほのかに残るフルーツの甘い香りがウイスキーとマッチします。健康面を考えても、ドライフルーツはオススメかもしれません。

④意外と合う!チョコレート

お酒のつまみとしては少し意外かもしれませんが、実はチョコレートとウイスキーは相性がいいのです。カカオ含有率の高いビターなものでもいいですし、甘めのチョコでも合います。オレンジピールの入ったチョコもオススメです。

奥が深いウイスキーを愉しんでワンランク上の男性へ

今回は、ウイスキーの飲み方、種類、ウイスキーに合うおつまみについてまとめてきました。ウイスキーは種類によってはもちろんですが、割り方などによっても様々な愉しみ方ができる、奥が深いお酒です。ただアルコールが強いだけのお酒ではないのです。飲み方・愉しみ方は自由ですので、自分に合った飲み方・愉しみ方を是非見つけてください。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine