重い彼氏は嫌われる!? 彼女から「別れたい」と言われないために対処すべし

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

重い彼氏には、どのような特徴があるのでしょうか? 今回は、彼女に「重い……」と感じさせるパターンを検証。彼女を好きなせいで、ついとってしまう言動がないかふり返りましょう。また、重くならないための対処法も解説します。

重い彼氏とは?

http://www.gettyimages.co.jp/

重い彼氏とは、彼女を憂鬱にさせる彼氏のこと。彼女のことが好きだからなのですが、つい愛情表現が重くなりがちです。

もしかすると、自覚がないまま重い彼氏になっているかもしれません。そこでチェックしておきたいのが、その特徴です。ここから具体的に検証しますので、ぜひ自己診断してくださいね。

重い彼氏の特徴9つ

1.真面目すぎる

http://www.gettyimages.co.jp/

重い彼氏には、真面目すぎるふしがあります。彼女への愛情が、忠誠心のようになるのです。たとえば、彼女に「その日あった出来事」「職場の女性と話した内容」「向こう1ヵ月のデートプラン」などを細かく報告する──。

このような、忠実な部下のような彼氏。彼女から聞かれたわけでもないのに、自分から律儀に伝えます。彼氏にしてみれば、それもコミュニケーションの1つなのかもしれません。しかし、あまりに頻繁だと彼女は対応に困るでしょう。

2.LINEやメールがしつこい

http://www.gettyimages.co.jp/

重い彼氏は、LINEやメールのラリーがしつこい傾向にあります。「なかなか終わらない」「終わったはずなのに、またすぐに送ってくる」「結局1日中付き合わされる」など、彼氏のLINEやメールに戸惑う彼女。

彼氏には、「彼女といつでもつながっていたい」という気持ちがあるのでしょう。そうだとしても、節度は必要です。「1日何回」「何日に1回」というように自分ルールを決めなければ、やがて彼女が既読スルーしかねません。

3.束縛がひどい

http://www.gettyimages.co.jp/

束縛は、重い彼氏によくある特徴です。たとえば、「男性が1人でもいる飲み会には参加させない」「女性同士でも遠出や外泊はさせない」といった禁止事項。

さらにひどい場合、「彼女の予定や人脈をすべて把握したがる」「休みの日はすべてデートにしようとする」といった要求を押しつけるもの。

彼氏には、「彼女の気持ちが変わるのが怖い」「彼女をほかの男性に奪われないか心配」という心理があるのかもしれません。しかしこのような傾向がエスカレートすれば、いつか彼女の心がダウンするでしょう。

4.嫉妬深い

http://www.gettyimages.co.jp/

嫉妬深い彼氏は、重い彼氏の代名詞。彼女への愛情が強すぎてそれがゆがむと、嫉妬に変わります。「自分だけを好きでいてほしい」という欲求から、彼女が自分以外の人と接触するのを嫌います。

そのため、男性との接触はLINEやメールでさえも禁じます。相手が女性でも、会うときは本当かどうかを証明させます。重度になれば、デート中のスマホいじりやペットとじゃれ合うことにもNGを出します。

5.いちいち愛情を確かめる

http://www.gettyimages.co.jp/

彼女が彼氏の重さにうんざりするのは、愛情の確かめ方。たとえば、「僕のこと好き?」と聞く彼氏。「好きだよ」と答えれば、「どれくらい?」とまた聞き返します。

ほかにも「僕のどこが好き?」「僕のどこに惚れたの?」など、会うたびに答えさせようとする彼氏。その頻度やしつこさによっては、彼女も「わからない」と投げやりになるかもしれません。

6.プレゼントが過剰

http://www.gettyimages.co.jp/

重い彼氏の愛情は、彼女へのプレゼントにギュッとつめられます。その場合、彼女に過剰な贈りものをすることがあります。高級時計や財布、ハイブランドの洋服など──。

いくら女性がプレゼント好きといっても、誕生日でもないのに高価なものを贈られれば驚くものです。「なにか意味があるのかな?」「お返ししないといけないよね?」などと考えてしまい、素直に喜べないこともあるでしょう。

品物や金額に代えるばかりが愛情ではありません。彼女が心から喜べなければ、それを贈る価値がなくなってしまいます。

7.サプライズが大げさ

http://www.gettyimages.co.jp/

重い彼氏は、愛情表現の加減がわかっていません。そのことは、ときに彼女へのサプライズに表れます。たとえば、まだ付き合って2~3週間のタイミングで彼女の誕生日を迎えたとしましょう。

たしかに、初のサプライズに気合が入るタイミングです。ただ、この場合に最高級レストランのフルコースや一流ホテルのスイートルームを予約されていたらどうでしょう? 彼女は純粋に喜べないかもしれません。

もちろんサプライズには、いい意味で彼女の予想を裏切ることが必要です。だからといって、あまりにも過剰な演出をすると逆効果なのです。

8.遠距離を受け入れない

http://www.gettyimages.co.jp/

彼氏の中には、遠距離恋愛を受け入れられないため、重い行動に出てしまう人もいます。たとえば、休みのたびに夜行バスや飛行機で彼女に会いにいく彼氏。あるいは、彼女と住むつもりで引っ越してこようとする彼氏。

たしかに、彼女もその気持ちは嬉しいはずです。ただ、自分の生活や仕事のペースが乱されれば話は別。「お願いだからしばらくそっとしておいて」と言われないよう、彼女の環境に配慮したいものです。

9.結婚願望が強い

http://www.gettyimages.co.jp/

彼氏の結婚願望が、彼女に重くのしかかることがあります。女性だからといって、誰もがいつでも結婚したいと考えているわけではありません。付き合って間もないうちに具体的な話をされ、気が重くなる女性もいます。

また、年齢差のあるカップルなら「子ども」の話もプレッシャーになることもあります。不意打ちで彼氏の母親に引き合わされ、対応にためらうこともあります。

どんなに彼女を幸せにしたくても、彼女の結婚観を重視しなければそれは叶わないのです。

「彼氏の気持ちが重い」と感じる彼女たち

http://www.gettyimages.co.jp/

彼女を愛する彼氏には、目をそむけたくなるような本音の数々。悲しいことですが、「彼氏の気持ちが重い」と感じている女性は存在します。

だからといって、彼女が感じる「重い」がすぐに「嫌い」になるわけではありません。ただ、愛情表現が重い傾向にあるなら要注意。

彼女から「もう別れたい」などと言われないためにも、しっかり対処・改善をしていきましょう。

重い男にならないための対処法はある?

恋愛以外のことで恋愛を楽しむ

http://www.gettyimages.co.jp/

彼女のことをどんなに大切に思っても、彼女のことだけで頭がいっぱいでは重い彼氏になってしまいます。それを防ぐには、スポーツや趣味などに気を向けることが効果的。仕事のスキルアップを目指すのも有効です。

そして、何か目標を決めます。その内容を彼女と共有。達成したら手料理をふるまってもらうなどの、ご褒美をもらえる約束をしましょう。恋愛以外のことで恋愛を盛り上げるのも、1つの工夫です。

彼女との関係の進展を焦らない

http://www.gettyimages.co.jp/

彼女に「重い」と思われるのは、そこに焦りがあるからです。「彼女ともっと仲を深めたい」「彼女がほかの男を好きにならないよう手を打ちたい」「彼女を早く自分だけのものにしたい」などなど。

このように焦るため、彼女への接し方に無理が生じるのです。このような心理を改善するには、「焦り」を捨てること。彼女と出会えた縁をまず信じましょう。そして、彼女自身のことも信じる。

焦ったところで、2人の関係がすぐに仕上がるわけではありません。おいしい煮込み料理を作るように、じっくりコトコト進展させるのがいいのではないでしょうか。

重い彼氏の汚名を返上して恋愛しよう

http://www.gettyimages.co.jp/

彼女を思うばかりに、重い彼氏と言われるのは不本意です。そのような汚名は即返上。思いの重い彼氏ではなく、思いやりの深い彼氏になりましょう。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine