亭主関白な彼氏で大丈夫? 付き合い方によっては彼女と喧嘩や別れのリスクあり

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

亭主関白な彼氏とは、どのような男性のことでしょうか? 今回の記事では、彼女との喧嘩や別れを招きかねないリスキーな特徴について検証。結婚に求められる亭主関白像についても触れています。

亭主関白とは?

http://www.gettyimages.co.jp/

亭主関白とは、まるで権力者のようにふるまう夫のこと。そもそもは天皇の代わりに政治を行う官職であった「関白」から来ています。実際の家庭において、亭主関白を自称する夫は存在し、亭主関白に従事している妻もいます。

そして、まだ亭主でも夫でもないのに、関白のようにふるまう彼氏もいます。ここからは、その特徴について具体的に見ていきましょう。

もしいくつかあてはまっているようなら、彼女に煙たがられている可能性がありますのでご注意を。

亭主関白な彼氏の特徴9つ

1.いつも偉そうにする

http://www.gettyimages.co.jp/

亭主関白な彼氏は、彼女に対して偉そうです。彼女のことを呼び捨てにし、ひどい場合は「おい」「お前」とさえ呼びます。また、「これ」「それ」「あれ」といって荷物を持たせたり、物をとってこさせたりなども。

上の立場の人が、下の立場の人を権力で動かすことを「顎(あご)で使う」と言いますが、亭主関白な彼氏は正にそれ。彼女を顎で使うような高慢さがあるのです。

2.おどろくほど外面がいい

http://www.gettyimages.co.jp/

亭主関白な彼氏は、彼女には見せない優しさや気遣いを他人には見せます。つまり、外面がいいのです。彼女と2人でいるときは、特に彼女の機嫌をとることもありません。

それなのに、友人や知人が現れると途端に表情を変えます。話し方も気さくで、彼女には聞かせないようなジョークまで飛ばします。

このような彼氏の変わりっぷりに、驚かない彼女はいないでしょう。

3.頼みごとをするのに謙虚じゃない

http://www.gettyimages.co.jp/

亭主関白な彼氏は、自分が知らないことには弱気です。普段は偉そうにしているのに、「わからないこと」「できないこと」に直面すればすぐ彼女を頼ります。そのくせ、頼み方には謙虚さがありません。

「わからない」「できない」と思われる自分も、「頼む」という行為も、プライドが許さないのが関白彼氏。「俺としたことが……」という心理があるため、「教えて」「手伝って」と言えません。

関白流の頼み方は「これやれるか?」「これやってみろ」と、どこまでも横柄です。

4.いつも俺様ファースト

http://www.gettyimages.co.jp/

亭主関白な彼氏に、レディーファーストの発想はありません。関白なので常に「俺が1番」なのです。デートをしていても彼女を優先させることはなく、基本は「俺が先」。

このような彼氏だと、彼女への積極的なおもてなし精神はありません。たとえ彼女にサプライズなお祝いをされたとしても、自分は彼女に同じようにはできません。

5.話し方が説教じみている

http://www.gettyimages.co.jp/

亭主関白な彼氏は、なにかにつけ説教じみた話し方をします。恋人同士であれば、彼女の心をときめかせるような話し方が理想。しかし、関白彼氏には、そのような気配りがありません。

「あのね、よく聞きなさい」「だからキミはいつまでたっても~なんだよ」などと、手厳しく彼女を説き伏せようとします。このような態度には、どのような彼女でもげんなりするでしょう。

このような彼氏は「いったい何様のつもり?」と、心の中でつぶやかれているかもしれません。

6.特技や才能を自負している

http://www.gettyimages.co.jp/

彼氏が亭主関白なのにも、それなりの理由があります。なぜなら、特技や才能があるからです。そして、そのことを「なかなかものもだ」と自負しているのです。

どのような特技や才能があるかは、彼氏によって異なります。誰もが称賛するようなものから、本人の自己満足にすぎないものまでさまざま。

いずれにしても「俺ってすごい」という自己肯定感が、彼氏を関白様に仕立てあげているのです。

7.彼女に優位性を感じている

http://www.gettyimages.co.jp/

亭主関白な彼氏は、彼女よりも自分が優位だと感じています。それは「女は男を立てるもの」「女は男より3歩下がって歩くもの」という昔ながらの感覚。

もちろん、それをそのまま口には出しません。しかし、ときどき言葉使いに自分上位の心理が出ます。「今日は俺が払ってやる」「付き合ってやったのに」「そこで待っていろ」など、上から目線の表現です。

8.父親もたいてい亭主関白

http://www.gettyimages.co.jp/

亭主関白な彼氏は、たいてい父親ゆずり。つまり、亭主関白な父親を見て育っているのです。父親が母親に関白らしくするのを見て、「なるほど、男はこのようにふるまうのか」と幼い頃から解釈しています。

そのため、彼女への接し方は父親がお手本。本人は、それが「嫌がられるかもしれない」「怒らせるかもしれない」とは、これっぽっちも感じていません。

9.あれこれ禁止したり命令する

http://www.gettyimages.co.jp/

亭主関白な彼氏は、彼女に「~するな」「~しろ」と突きつけます。それは2人の恋愛ルールから、彼女のプライベートまでさまざま。彼女の行動規範を、すべて「自分基準」で定めたがるのです。

そこには「俺の色に染まれ」「俺好みの女であれ」と、彼女を手中に納めていたい心理があります。また「俺の言うことだけ聞いておけ」「黙って俺についてこい」と、彼女に対して自分の威厳を示しておきたい心理もあります。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine