あなたは甘え上手な彼氏? 彼女をキュンとさせる甘え方をマスターしよう

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

甘え上手な彼氏になると、彼女をキュンキュンさせられます。そのためには、彼女のハートをくすぐる甘え方のマスターが必要。そこで今回は、甘え上手な男性の特徴やスウィートな甘え方をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

甘え上手な彼氏になるには?

http://www.gettyimages.co.jp/

甘え上手な彼氏になるには、まず「男のプライド」を脇に置きましょう。「男らしくいなければ」「男としてこうでなければ」と思いすぎていては、甘え上手にはなれません。

プライドは、彼女を思う気持ちにだけもてていればOK。彼女にとって「かわいい」「甘やかしたい」「守ってあげたい」と思われるのも、ときに必要な要素です。

だからといって「女々しい」「大人げない」「面倒くさい」というのは、甘え上手ではありません。「甘ったれた彼氏」にときめく彼女はいないので、その点は注意しましょう。

それでは理想的な甘え上手になるために、ここから具体的な特徴や甘え方について解説します。

甘え上手な男性の特徴6つ

1.とても素直

http://www.gettyimages.co.jp/

素直な男性が甘え上手である理由、それは、自分の気持ちに正直だということです。「こうありたい」「こうしたい」「これがいい」という自分の願望を、いつもちゃんと自覚しています。

そして、それを人に伝えるのも上手。伝え方も心得ています。相手により受け入れられるよう、ストレートながら謙虚に伝えられます。間違っても不平や不満、言い訳のようには表現しません。

2.とにかく人懐っこい

http://www.gettyimages.co.jp/

甘え上手な男性は、誰にでも懐きます。イメージでいえば犬系男子。他人に対して心オープンで接するのが得意です。初対面でも人見知りせず、自分から話しかけたり質問したりなどします。

このような態度には、「他人から可愛がられる」という長所があります。そのため、頼みごとをしたときに応えてもらえる可能性がアップ。おそらく「お前の頼みなら聞いてやるよ」と、同性からも大目に見てもらえることが多々あるでしょう。

3.弱音を武器にできる

http://www.gettyimages.co.jp/

「甘え上手」=「弱音上手」ということで、弱音の吐き方が上手なのも特徴の1つです。「ちょっと聞いてよ~」から始まり、自分の失敗や挫折をためらわずに口にします。弱音の吐き方が下手な男性との大きな違いは、「人のせいにしない」こと。

甘え上手な男性の弱音は、あくまでも「自分のせい」です。「こんな自分ダメだよね」「あの人は~してくれたのに自分が至らなかった」「自分の~なところがダメだったのはわかってるんだけど……」というふうに、自分の不甲斐なさを認めた上で聞いてもらおうとします。

4.おねだりがうまい

http://www.gettyimages.co.jp/

たとえ女性相手であっても、おねだりできるのが甘え上手な男性の特徴。もちろん、無理なおねだりを誰にでもするというわけではありません。

「この人なら、このくらいのおねだりはしてもOK」という絶妙なさじ加減をわきまえているので、それを叶えてもらえることも日常茶飯事。

たとえば、職場の喫煙室でタバコを忘れたことに気づいたとしましょう。そこに顔見知りの女性がいれば「ごめん、1本だけもらえる?」とおねだり。

そして次に会ったときには、「これ、このあいだのお礼」と、チョコレートやキャンディーなどをお返しするのです。甘え上手な男性は、アフターフォローも忘れないものです。

5.褒められたがる

http://www.gettyimages.co.jp/

人に褒められることを求めるのは、甘え上手な男性の本能的欲求かもしれません。人から褒めてもらい、自分を肯定したり認めたりしたいからです。このような欲求は、本来誰にでもあるもの。それを表に出せる率直さが、甘え上手な男性には備わっています。

「~したんだよ。僕ってすごい?」「大変だったけど、僕~できたよ」というのがこのような男性の口癖。自分の努力や苦労を人に伝え、「すごいね」「頑張ったね」という評価をもらいたがります。

6.マザコンorシスコンなことが多い

http://www.gettyimages.co.jp/

甘え上手な男性には、生まれながらにしてその資質が備わっている場合があります。それは、マザコンやシスコンのせい。「3人兄弟の末っ子」「遅くに生まれた長男」「姉と年が離れた次男」などのケースは、特にその傾向が強まります。

幼い頃から母親や姉にかわいがられ、甘やかされ、わがままを聞いてもらい慣れているからです。このような環境で育っている男性は、大人になり社会に出ても「女性は僕の味方」という感覚を強くもっています。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine