男性がワンナイトラブで後悔するのは…こういう理由があった!

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

ワンナイトラブをする時には、後悔という文字はあまり頭に浮かばないものです。でも後から、しまった…と思うようなパターンも。

男性がワンナイトラブをしてから後悔するのには、理由があることがほとんどです。その理由を男性心理を含めて考えていきましょう。

 

男性がワンナイトラブをしたくなる心理

shutterstock_160632413

男性がワンナイトラブがしたい!と思う時には、心理がはたらいています。それはどのような心理なのでしょうか。この心理について知っておけば後悔に結びつくことは軽減するかもしれません。

 

ストレス解消がしたい

日々が忙しくてストレスが溜まっている、何とかこのストレスを解消したいなと思った時に、目の前に遊べそうな女性が現れたとしたら、ちょうどいい!と思うものですよね。このままの勢いでワンナイトラブをしよう!という流れになるのです。

ストレスが溜まりすぎると、自分らしさを失ってしまったり、日々が楽しくなくなってしまう…そうはなりたくないので、ワンナイトラブでストレス解消をしようと男性は思うのです。

 

理性よりも本能が勝っている

普段は理性が強い男性でも、本能に負けてしまうような時もあります。なんとなくロマンチックなムードだったり、相手の女性がいわゆるいい女だった場合には、本能を抑えきれなく時も。

ここでセーブしたりコントロール出来る男性なら、ワンナイトラブにはならないのですが、このままワンナイトラブに向かうケースは多いでしょう。

 

ワンナイトラブに憧れている

ワンナイトラブが出来る男はかっこいいと、心のどこかで思っている男性も、ちょうど自分のところにチャンスが来たと思う、ワンナイトラブに走るのです。「憧れていたワンナイトラブをやっと俺も経験できる!」と思うとワクワクしてくる時も。

ワンナイトラブへの漠然とした憧れがあるため、後先を考えずにワンナイトラブをする男性もいるのです。

 

ワンナイトラブの相手を見つけやすい場所

shutterstock_275661950

ワンナイトラブの相手はどうすれば見つかるの?と思う男性もいるでしょう。ワンナイトラブをしてもいいかな…と思っている女性が集まる場所があるのです。この場所を知っておけば、良い出会が期待出来るでしょう。

 

ナンパ

ナンパをして誘いに応じてくれるような女性は、ワンナイトラブに持ち込みやすいです。ナンパをする時には、出来るだけスマートに。「一人で飲むよりも一緒に飲みませんか」のような誘い方をしてみましょう。

 

合コン

合コンに来る女性は、あまり期待していないフリをしながらも「なにかいいこと起きないかな」と思っているものです。

ある程度相手の女性がどんなタイプかを見てから、耳元で「ねぇ二人で脱け出さない?」と誘うのも女性から見ればちょっとドラマの世界みたいでときめくものです。時には強引さも必要ですね。

 

クラブ

クラブに来る女性は声を掛けられることに慣れています。もしこちらが声を掛けても、案外簡単に誘いに乗ってくれるでしょう。お酒がほどよく入っている場合が多いですから、開放的になっているのです。ワンナイトラブの相手に出会う場所としては、最適でしょう。

 

ワンナイトラブに向いている女性のタイプ

shutterstock_232553956

ワンナイトラブに向いている女性と、そうではないタイプがいます。これを見極めないと、後から後悔しやすいのです。ではワンナイトラブに向いている女性はどのようなタイプなのでしょうか。

 

駆け引きが好きそうな女性

恋愛の駆け引きを楽しみたい!と思う女性は、例えばワンナイトラブになったとしても、駆け引きを楽しめれば満足をします。男女の恋の駆け引きが好きそうな女性は、相手から駆け引きをしてきたりする場合も。

こちらからも駆け引きをしてみて、ノリが良ければワンナイトラブに向いている女性だと言えるでしょう。

 

後腐れがなさそうな女性

カラっとした性格の女性なら、ワンナイトラブで終わりやすい場合が多いでしょう。でも表面的にはカラっとしたように見えても、よく話してみると違う場合もありますので、会話をしてから判断をすることが重要です。

 

目で誘ってくる女性

目は口ほどにものを言う…とばかりに目で誘ってくるような女性は、今夜が楽しい思いがしたいな…と思っています。ある意味女性としての本能を目で表現しているのでしょう。上目遣いに見てくる女性は、このままワンナイトラブに誘いやすいのです。

 

男性がワンナイトラブで後悔する理由

shutterstock_143673787

ワンナイトラブで後悔なんてするわけがないと思っていたはずなのに、後悔をしてしまう…その理由としては様々なものがあります。中でもよく言われている理由をお伝えしましょう。

この後悔を通じて、ワンナイトラブをする時には気を付けよう!と思えるかもしれません。

 

個人情報を知られた

ワンナイトラブで自分の部屋に連れてきた場合には、部屋の住所を知られるでしょう。男性は酔っていて分からないかもしれませんが、女性は住所をチェックしていたりするのです。

もう一回来るかもしれないし…と思い、マンション名をスマホにメモしたりします。更にはワンナイトラブが終り別れた後に、知らない番号から電話が。出てみるとワンナイトラブの相手だったというケースもあります。

知らない間に個人情報を抜き取られて、しまった!と思う男性もいるのです。

 

すっぴんに引いた

メイクをしていてライトの加減により、かなりの美人に見える場合もあるのです。でも横で寝ているメイク崩れをしている女性の顔、そしてすっぴんになった時の落差にびっくりすることも。

この時に男性は、見たくなかった…と後悔をするのです。

 

虚しい気持ちが襲ってきた

好きでもない相手と勢いでワンナイトラブしてしまう俺って…となんだか虚しさでいっぱいになるような男性もいるでしょう。あの時は楽しかったんだけどな…と言い訳のように呟いてはみるのですが、この虚しさはなかなか消えないものです。

 

ワンナイトラブで後悔しないための方法

shutterstock_358201958

ワンナイトラブで後悔しないようにするには、事前に知っておきたいことがあります。これを知っておけば、後悔する可能性がかなり減るでしょう。その方法とは?

 

守るところは守る

開放的になってしまうと、守るべきところも守れなくなるものです。彼女がいるのに彼女の話をしてしまったり、自分の部屋に連れてきて鍵を渡してしまったり。

スマホを放り出してシャワーを浴びてしまうのも危険です。自分にとって守る必要のあるものは、自分でしっかりと守りましょう。

 

日常生活に関係ある相手とはワンナイトラブをしない

ワンナイトラブのつもりだったのに、相手はワンナイトラブのつもりは無かったと言ってくる場合も。でもこれが職場の女性だと後々かなり厄介です。仕事がしにくくなったり、自分の立場も危うくなるでしょう。

自分の日常生活で後から困る可能性があるような女性とは、ワンナイトラブをしないと自分で決めておく必要があります。

 

相手の女性の気持ちを確認してからワンナイトラブをする

一目惚れというのも実際にあり得るもの。女性としては一目惚れだったから…とワンナイトラブの後に言ってくる場合も。こうなると自分との温度差が出てしまいます。先にワンナイトラブだとお互いに確認し合っておくようにしましょう。

 

ワンナイトラブで後悔しないためには「流されないこと」

ワンナイトラブで後悔する男性のほとんどは、流されてしまっている場合多いのです。だからこそ流されずに、自分の信念や考えをしっかり持つことが必要なのです。

お酒が入っているのに余裕がなくて出来ない…と思うかもしれません。でもお酒が入っているから何でも許されるわけではないのです。「雰囲気に流されない自分でいよう」と思えば、セーブやコントロールがしやすくなります。

彼女にバレて大切な存在を失うような事態にもなりませんので、流されない自分でいるように意識をしてみましょう。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine