一目惚れでもアプローチは成功する? 女性のハートをつかむ方法はコレ

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

誰にでも一目惚れの経験はあるでしょう。

ですが、実際にアプローチをする人は少ないかもしれません。「成功する気がしない」というのが多くの人の本音だからです。

そこで今回の記事では、一目惚れからのアプローチを成功に導けないか検証。理想的なアプローチ方法についてシミュレーションしてみましょう。また、女性からアプローチを受けた場合の対処についても触れています。

一目惚れでもアプローチしたい!

http://www.gettyimages.co.jp/

おそらく、一目惚れという理由だけでアプローチの成功率を下げるわけではないはずです。それは、あくまでもきっかけにすぎません。

一目惚れにせよそうではないにせよ、アプローチに工夫は必要。ただ一目惚れの場合は、そのシチュエーションに応じたより丁寧な働きかけが求められます。

ここからは、一目惚れによくある具体的なシチュエーションを見ていきましょう。そしてその上で、理想的なハウツーをシミュレーションするとしましょう。

一目惚れするシチュエーション

http://www.gettyimages.co.jp/

一目惚れするシチュエーションは、日々にあふれています。ここでは、その一例を挙げています。

  • 通勤や通学の電車で
  • 行きつけor働いているお店で
  • 入社してきた後輩や部下に
  • 結婚式に参列していて出席者に
  • 婚活サイトで画像を閲覧していて

以上はほんの一例ですが、思い当たる方も多いのでは?

相手との距離感や関係性にふさわしいアプローチを探れば、成功の可能性もゼロではありません。それでは、具体的な方法について解説します。

女性への理想的なアプローチ方法6つ

1.自分の存在を少しずつアピールする

http://www.gettyimages.co.jp/

一目惚れの場合、相手が自分を知らないケースもあります。このような関係からアプローチを始めるには、自分の存在を少しずつ女性にアピールする必要があります。

「女性と目が合うようにする」「髪型や服装で印象づける」「不審がられない程度に近寄る」などして、「最近あの人よく見かけるな……」と思われるようにしましょう。

2.自然な流れで声をかける

http://www.gettyimages.co.jp/

一目惚れした相手の女性に声をかけるなら、自然な流れを意識しましょう。

たとえば、まず挨拶から始め、それをくり返すというのは有効です。挨拶なら相手も無視できませんし、会うたび交わしても不自然にはなりません。

お互いがどちらからともなく挨拶をできるようになったなら、季節ネタや共通の話題に広げていきます。そのような他愛無い会話でも、人間性やセンスを伝えることは可能。「なんだか素敵な人……」と感じてもらえるよう心がけましょう。

3.SNSをうまく利用する

http://www.gettyimages.co.jp/

一目惚れには、恵まれたきっかけによるものもあります。それは、誰かの結婚式や仕事の一環で参加した研修・会議などです。このような場での出会いは、たとえその場限りでも自己紹介をし合っている可能性があるからです。

このような場合、本来は2度と会えないかもしれない相手ともSNS上で再会することができます。もし相手を見つけられたなら、自分のことを明かして挨拶することから始めるのがいいでしょう。

少なくとも共通の話題があるわけですから、それを頼りにコミュニケーションを広げられる可能性はゼロではありません。

4.共通の知人に仲介してもらう

http://www.gettyimages.co.jp/

一目惚れの女性との間に、共通の知人がいるのであればラッキーです。女性とお近づきになれるよう、その知人に橋渡しをしてもらいましょう。

せっかくなら、自分のことがいい印象で伝わるようにしたいもの。そのためには、女性への気持ちが真面目なものであることを、まず知人に伝えるのです。ただ、重すぎるのは逆効果。

「素敵な女性だったから1度ゆっくり話してみたい」「もしよかったらメールやLINEだけでも送らせてもらいたい」というニュアンスでお願いするのがいいでしょう。

5.少しずつ仲良くなる

http://www.gettyimages.co.jp/

一目惚れした女性と定期的に会える立場なら、少しずつ仲良くなりましょう。最初は挨拶や日常的な会話で「話せる関係」になります。そこから「自分のことを2~3つ話しては相手のことを1つ聞く」というペースで、2人の仲を深めるのです。

このような関係は、一目惚れでもアプローチがしやすいパターン。相手への関心度に温度差はあるかもしれませんが、親密になれるチャンスはたくさんあるはずです。

ただ、「店員と顧客」という関係の場合、仲良くなれるのは早いかもしれませんが「一線を越える」のはむずかしいでしょう。同僚や友人などの「第3者」に協力してもらい、自分のいないところで「〇〇のことどう思う?」と「探り」を入れてもらうのも1つです。

6.連絡先は聞くより渡すのがいい

http://www.gettyimages.co.jp/

一目惚れには、アプローチチャンスが少ないケースがあります。「たまにしか会えない相手」や、「いつ会えるかわからない相手」です。またこのような相手には、会えたとしてもその場で直接アプローチすることがむずかしいもの。

おそらく連絡先の交換さえ困難です。たとえ相手に「教えて」とリクエストしても、教えてもらえないことの方が自然。このようなケースで残るチャンスは、「連絡先を渡して待つ」という方法。「よかったら連絡ください」といって、名前と連絡先を書いたメモを渡しましょう。

そして成功率を上げるため「きれいな紙」「きれいな字」はもちろん、一言添えるのもポイント。「Facebookだけでものぞいてください」など、相手のアクションをできるだけうながせる言葉を残しましょう。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine