「好き」というのは口だけ? 女が男にリップサービスしてしまう心理とは

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

女性の「好き」は、果たして本気か、それとも口先だけのものなのでしょうか? 

今回の記事では、女性が口にする「好き」について検証。つい「好き」と口走りたくなる女性の心理も見えてくるでしょう。口先だけの「好き」と本気の「好き」の見分け方についても合せて解説します。

”口だけ”とはどんな意味?

www.gettyimages.co.jp/

「口だけ」には、「本心ではないセリフ」「うわべだけの言葉」「その場だけの表現」というような意味があります。たとえば、口にしてはいるものの、心でそう思っているかわからない相手に対して「口だけでしょ?」と感じたり投げかけたりなどすることがあります。

ただ、このような「コミュニケーション」は、決して悪い意味だけで使われるわけではありません。それは性格や人格というより、相手や場に応じた「一時的ふるまい」のようなもの。そのため、お互いになんとなく「口だけだよね」とわかっていても、それなりに成立している人間関係もあるわけです。

それではここから、「口だけ」の人の特徴や男性に「好き」を口走る女性心理などを見ていきましょう。

口だけの人の特徴は?

社交辞令がうまい

www.gettyimages.co.jp/

口だけでコミュニケーションができる人は、社交辞令が上手です。つまり「相手の気をよくする」「相手の心のツボをつく」「相手に自分のいい印象を与える」ということがうまい人のこと。

相手の長所や得意分野、性格などを心得ているため、本人を前にサラサラと社交辞令をならべられます。また、言葉選びだけでなく話し方や態度にも、相手が気を許したくなるような社交性が備わっています。

行動がともなわない

www.gettyimages.co.jp/

「口だけ」の人は、社交辞令でいっているだけなので行動がともないません。「またご飯いきましょう」「今度は誘ってください」「いつも尊敬しています」など、言葉では相手に親しみを伝えます。

ですが、いざとなるとその言葉に矛盾が生じるのです。「日を決めない」「誘っても断る」「尊敬しているはずの人を裏では批判する」という具合。その場しのぎの会話に多い、典型的なパターンです。

ただかまってほしいだけ

www.gettyimages.co.jp/

いわゆる「かまってちゃん」には、「口だけ」の人が多いです。このようなタイプは、相手の気を引くため「~しようよ」「~してくれない?」「~したいな」とよく訴えます。

そのくせ「いつにする?」「どうすればいいの?」「やればいいのに」といわれてもスルーか反論。本気で訴えているわけではなく、ただいろいろ言ってかまわれたいだけなのです。

そのとき機嫌がいいだけ

www.gettyimages.co.jp/

機嫌がいいときだけ、やたらと「口がうまくなる」「大口をたたく」という「口だけ」さんもいます。そして機嫌がいいせいで、つい「安請け合い」をしてしまうのです。

そこには、「いいことがあって浮かれている人」特有の心理が働いています。なぜなら「いいこと」に気を取られているため自分の「口」に意識がいっていません。そのため、無意識で無責任な会話になっているのです。

強い人から口で自分を守っている

www.gettyimages.co.jp/

人によっては、「口」で自分を守っている場合もあります。たとえば目上の人や勝気な人に対して、「おべんちゃら」「おべっか」を使う「口だけ」人。それは性格的に気弱なためです。

このようなタイプの人は、「この人にはかなわない」と感じる人に「つまらないことを口にしてはいけない」という本能が働くのです。そのため、思ってもいない言葉で相手を褒めたり相手に媚びたりなどします。

また性格に限らず、話す相手によってこのような態度に出てしまうシチュエーションは多くの人にあるでしょう。

女性が男性に「好き」というのはなぜ?

仕事上のリップサービスのため

www.gettyimages.co.jp/

女性の中には、職業柄「好き」という言葉をよく使う人がいます。特に、接客業や販売業などに従事している場合は、男性客のご機嫌をよくするためです。

売り上げや新規集客に貢献してくれた男性客への「好き」。男性客にリピートや契約継続をうながしたいときの「好き」。このように、いろいろな「好き」があるわけです。いくら悪い気はしなくても、「本気」になってしまう男性もいるかもれませんよね。

自分の立場を有利にするため

www.gettyimages.co.jp/

女性にとって男性への「好き」が、処世術や戦略であるケースもあります。上司や取引先、社会的立場が高い人物などに取り入り、自分の立場が有利になるよう仕向けたいという思惑があるからです。

社会で働く女性にとって、労働条件や地位の向上は切望されるもの。女性の中には、それを実現させるため具体的なアクションを起こしている人も多くいます。

そのようなアクションの1つが、目上の人への「好き」。この言葉で目上の人の気をよくし、「お墨付き」をもらうのが目的です。これは「自分の実力だけでは叶わない出世」を狙う一部の女性の「戦術」ですが、できれば純粋な「好き」との見極めをしたいものですね。

男性を都合よく利用するため

www.gettyimages.co.jp/

「ちょっと手伝ってもらいたい」「食事をごちそうしてほしい」「車で送ってほしい」など、男性になんらかの要求がある場合も一部の女性は「好き」を使います。

この「好き」の前には、「私のために~してくれる(してくれた)〇〇さん」があるわけです。つまり「条件付き」「後付け」の「好き」。それはまるで、自分の都合で男性を利用するときに入れるスイッチです。

このスイッチをOFFにしておくのは至難の業かもしれませんね。

脈ありかを知るor脈ありにするため

www.gettyimages.co.jp/

男性に「好き」という言葉を浴びせ、その反応を見ようとする女性もいます。自分に「脈あり」かが知りたいからです。また、「好き」という言葉を男性にすり込み、「脈あり」にしたい意図もあります。

いずれにしても、少なからず男性に好意をもつ女性のアピール。この場合、「好き」の表現の仕方やほかの脈ありサインがないかなどに注意をはらう必要があるでしょう。

口だけの「好き」の見分け方

「僕も好き」といってみる

www.gettyimages.co.jp/

女性に「〇〇さんみたいな人好きです」などといわれたなら、「僕も〇〇ちゃんのこと好きだよ」と笑顔で返しましょう。

これに、「え~嬉しい」と余裕を見せていたら「口だけ」であることが疑われます。逆に「本当ですか?」と戸惑っているようなら、「脈あり寄り」の「好き」かもしれません。

「じゃあ付き合う?」といってみる

女性に「〇〇さんて格好いいから好き」と、褒め言葉+「好き」をいわれたなら、「じゃあ僕と付き合う?」と真剣に返しましょう。

これに、「いやいや」「そういう意味でなく」と否定言葉を返すようなら、おそらく「口だけ」です。もし「脈あり」なら、「え!?」と一瞬言葉を失うはずです。

「その理由を3つちょうだい」といってみる

女性に「もう大好き」とシンプルにいわれたなら、「マジで? その理由を3つ聞かせて」と明るく返しましょう。

これに、「う~ん……」と詰まったり、「背が高い・髪が黒い・目が大きい」という誰の目にも映るようなアンサーが返ってきたりすれば「口だけ」率高し。

「脈あり」なら、「え~っと、優しくて、仕事ができて、ロマンチック」と、具体的で内面的要素を含めた回答があるはずです。

好きなら口だけなはずはない

www.gettyimages.co.jp/

もし本当に好きなら、その相手に口だけで終わることはありません。必ず行動がともないますし、具体的な約束が生まれるはずです。よって「好き」の後になんのアクションもなければ、「口だけコミュニケーション」が濃厚です。

もちろん好きな男性に「好き」と告げることで、2人の関係に変化をもたらせたい女性もいます。この場合、その気持ちが重く伝わらないよう、あえて「口だけ」をよそおっている可能性もゼロではありません。

ぜひその真意を見極め、「口には口」「心には心」で「好き」に応えてくださいね。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine