知ってたら良かった… 女性が嫌いな男のファッション全6種

ライフスタイル

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

実はそのファッションはダサい!女性目線で感じるアウトなオシャレ

ファッションを楽しむ男性なら誰からもダサいと思われたくないのが本音。特に女性から格好悪いと思われているファッションを知らず知らずのうちに取り入れていれば今すぐ直したいはず。 今までカッコイイと思っていたファッションが意外と女性の間ではダサいと思われているかも知れません。この機会に要チェックです。

【ブランドに頼る】ブランドロゴなストリートファッション

メンズファッションに人気のストリートファッションですが、わかりやすいロゴデザインやグラフィックなスタイルは子供っぽく見えてしまうこと原因。キャッチーでメンズからは人気のあるデザインは、女性から見れば理解不能なのかも知れません。

改善策:シンプルなデザインとスッキリしたシルエットでまとめる

http://wear.jp/
http://wear.jp/

ストリートファッションもルーズすぎるスタイルは好感度を下げることとなります。さらに、ブランドロゴなどに頼らない着こなしが今っぽいストリートファッションです。タイトめなシルエットのアイテムでスッキリとまとめましょう。

改善策:ブランドアイテムも無地を取り入れる

http://wear.jp/
http://wear.jp/

Supreme(シュプリーム)などのストリートブランドのアイテムも、無地のデザインを選ぶと大人っぽいストリートファッションが出来上がります。もうブランドロゴに頼らない大人っぽさを演出しましょう。

【短パン?アンクル丈?】どちらでもない中途半端なパンツ

短パンでもなければトレンドのアンクル丈でもない、微妙な7分丈ほどのパンツ。中途半端な丈であり下半身のシルエットもアンバランスになりがち。女性から見てもハッキリとしない丈の長さは悪い意味での「気になるポイント」となってしまうようです。だからといってルーズな丈もNG。今一度、丈の長さを見直しましょう。

改善策:トレンドに乗ってくるぶし丈のパンツを取り入れる

http://wear.jp/
http://wear.jp/

パンツの丈の問題なら、トレンドであるくるぶし丈を取り入れることでオシャレに解決可能です。ポイントは、くるぶしが見えるところまで裾を上げること。そしてそれ以上は裾を上げないこと。イメージ的に9分丈ほどに心がければ失敗することもないでしょう。

改善策:デニムをロールアップで足元にボリュームを

http://wear.jp/
http://wear.jp/

デニムを取り入れたファッションなら、ロールアップが一番手軽なダサくならない方法です。ロールアップする長さはくるぶし丈と同じように、くるぶしが見える位置まで。ロールアップしたボリュームもあり、より足元がオシャレに見えるので、有効な改善方法です。

【ワイドパンツ】少し高い難易度でバランスが崩れがち

レディースのガウチョパンツからトレンドとなりメンズまで派生したアイテム。ワイドなシルエットが特徴的ですが、実は取り入れるには上級テクニックが必要です。そのため、ワイドパンツを十分に着こなせていなくダサいファッションに見られがち。流行りを取り入れたい気持ちを抑え、メンズファッションに取り入れやすいパンツをチョイスしましょう。

改善策:タイトめのパンツがメンズファッションの基本

http://wear.jp/
http://wear.jp/

スキニーでなくても、タイトなシルエットがメンズパンツの基本スタイル。裾にいくにしたがってやや細くなるテーパードシルエットも美脚に見えるパンツです。これらを無難にコーディネートすることで、もうダサいとは言われないようにオシャレを楽しみましょう。

改善策:ワイドならストレートジーンズが手軽なワイド感

http://wear.jp/
http://wear.jp/

ワイドなパンツを取り入れたい方なら、デニムのストレートシルエットを採用するのも方法のひとつ。ストンと落ちたデニムの形はワイドパンツよりもバランスよく着こなすことができます。さらに、程よくワイドなのでリラックスして履けるところもポイントです。

【やりすぎ注意】過度なダメージデニム

ダメージデニムはワイルドに見える人気のデザインですが、そのダメージの度合いなどバランスが難しいアイテム。ダメージがありすぎるデニムは逆にダサいファッションと認識されてしまうので注意が必要です。ワイルドを通り超して貧乏臭く見えてしまうことが最大の原因と言えます。

改善策:ダメージはアクセント感覚で1箇所のみ

http://wear.jp/
http://wear.jp/

ダメージデニムを取り入れたデザインは、ワンポイントだけ取り入れてアクセント程度に楽しみましょう。
この時、ヒザなどの可動部にダメージが入っているとすぐにダメージが広がるので、ふくらはぎなどの場所が最適。
ワンポイントだけでも存在感は十分にあります。

改善策:ワンウォッシュのデニムでキレイめに合わせる

http://wear.jp/
http://wear.jp/

ダメージデニムがダサいファッションと言われるなら、ワンウォッシュのインディゴデニムをコーディネートしましょう。
何よりも清潔感があり、落ち着きあるファッションにまとめることができます。
濃い色合いで、モノトーンファッションなどにも活用できるのでコーディネートの幅が広がります。

【全身ブラック】黒で統一した喪服を連想させるスタイル

ブラックカラーのファッションアイテムはクールな印象を与えますが、全身ブラックのファッションは女性から見ると「ダサい」と思われてしまいます。
その原因は、目立たない黒の色合いが全身ブラックとした途端に目立ってしまうため。
他のカラーを取り入れるなど、応急処置で改善することができます。

改善策:グレーを効果的に取り入れて、ソフトな印象に

http://wear.jp/
http://wear.jp/

モノトーンのコーディネートでブラックが多めだと感じたら、グレーカラーを加えてマイルドなファッションを心がけましょう。
グレーのアイテムならコートなどのアウターが便利。インナーが全身ブラックでもコートで軽やかに仕上げることができます。

改善策:ホワイトをバランスよく多様|インナーやスニーカーに

http://wear.jp/
http://wear.jp/

全身ブラックのファッションがダサいなら、率直にホワイトカラーを取り入れてみましょう。インナーやスニーカーが特に効果的なホワイトのカラーの取り入れ場所です。さらに、トレンドでもあるタートルネックなどにすれば、もうダサいと言われないオシャレな雰囲気に着こなすことが可能です。

【センスの無いTシャツ】プリントデザインが明暗を分ける

秋冬も何かとインナーに重宝するTシャツ。無地のTシャツは問題ないのですが、プリントデザインが入ることでダサいレッテルを貼られることに。さらにプリント自体のデザインだけでなく、英語のプリントであればその意味までダサいという可能性も。ちなみに漢字や日本語デザインは男性から見ても論外です。

改善策:重ね着でもポケTを取り入れる

http://wear.jp/
http://wear.jp/

夏に活躍したポケットTシャツですが、まだまだ秋冬でも取り入れてみましょう。ジャケットのインナーに、カーディガンやシャツスタイルの重ね着に組み合わせることで、少し小慣れたオシャレが完成。プリントTシャツに頼らないワンポイントがポケットの役割です。

改善策:ボーダーTシャツが秋冬でもインナーとして活躍

http://wear.jp/wear10042/7985670/
http://wear.jp/

こちらも同じく春夏に活躍したボーダーTシャツを活用。無地のTシャツがベストですが、インナーで表情をつけたい方は、プリントTシャツではなくボーダー柄を取り入れてみましょう。しっかりと上品な着こなしとして偏りのないスタイリングが実現可能です。

まとめ

  • 女性からダサいと思われるファッションは以下の通り。
  • ブランドロゴの入ったストリートファッション
  • 中途半端な丈のパンツ
  • 取り入れることが難しいワイドパンツ
  • ダメージがありすぎるデニムパンツ
  • 全身真っ黒なコーディネート
  • プリントTシャツ

男性目線からはダサいと感じなくても、女性から見るとオシャレには見えないようです。明日からのコーディネートでしっかりと改善しましょう。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine