スーツに合う腕時計の見極め方とメンズウォッチブランド12選

ライフスタイル

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

腕時計はビジネスマンとしてのマストアイテム

http://www.gettyimages.co.jp/

ビジネスマンの身だしなみとして腕時計をすることは基本中の基本。しかし、携帯電話が普及するようになったころから、ビジネスの場で腕時計をつけないという方も増えているようです。確かに、「肌身離さず持ち歩く携帯電話さえあれば、時間をわざわざ腕時計で確認する必要はない」といった考え方も合理的ではあるでしょう。

だからといって、本当に現代のビジネスマンに腕時計は全く不要なものだと言い切れるでしょうか?
腕時計には、他のツールでは代替できない多くの魅力と利便性があるのです。

 

「スマホで時間確認」は相対する人に対して失礼?

腕時計をつけるべき理由の1つとして、腕時計をすることは「社会人としてのマナー」であることが挙げられます。取引先や上司の前で、スマホを取り出して時間確認というのはマナーを逸しているという印象を相手に与えてしまいかねません。なにより、時間確認のためにいちいちスマホを取り出すというのはスマートさに欠けます。

また、腕時計は男性のステータスの1つともされています。こだわりのある腕時計をつけることによって、あなたのスーツスタイルがさらに洗練されたものになることでしょう。

スーツに合う腕時計の選び方

では、どういった腕時計がスーツに合うのか。腕時計を選ぶときに必ず押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

1.文字盤は白無地がベスト!

http://www.gettyimages.co.jp/

ビジネス用の時計としては白のシンプルな文字盤のものを選ぶのがベストです。また、秒針のある3針のものが最もビジネス向きとされており、その点にも注意を向けたいところ。中の駆動が見えるシースルーの文字盤などの特別なデザインのものは避けた方が無難でしょう。

2.フォーマルな場では黒革ベルトをチョイスするのが正解!

http://www.gettyimages.co.jp/

時計のベルトにはステンレススチールや革、ラバーなど様々なものがありますが、フォーマルな場では黒革の時計ベルトをチョイスするのが正解です。ステンレススチールであっても特に問題はないとされていますが、ラバーやキャンバス地のベルトは絶対に避けた方がいいでしょう。

3.革ベルトの色はベルト・靴と揃えるのがセオリー!

http://www.gettyimages.co.jp/

革ベルトの腕時計をチョイスするときに気をつけたいのが時計ベルトの色。靴、ベルトと色を合わせるのがコーディネートのセオリーです。それらの色が揃っていないとチグハグなコーディネートという印象を与えてしまいます。色のトーンを統一することで、スキのないスーツスタイルになります。

 

スーツに合う時計ブランド12選

スーツに合う時計ブランドとその代表的なモデル12選ご紹介。信頼の国産ブランドからステータスとなる高級ブランドまで。ぜひ、あなたのビジネス腕時計の参考にされてみてはいかがでしょうか。

1.SEIKO(セイコー)

国産ブランドとして名高いSEIKO(セイコー)。国産ブランドならではの品質と耐久性の高さで知られる時計ブランドです。1万円以下で手に入るリーズナブルなものから、グランドセイコーなど100万円を超えるハイエンドモデルまでカバーしています。

SEIKOのおすすめモデル「プレザージュ SARW025」

出典https://www.seiko-watch.co.jp/

ブランドSEIKO

商品名プレザージュ SARW025

価格¥90,000

2017/2/9時点

商品詳細はこちら

2.HAMILTON(ハミルトン)

100年を超える歴史を持つアメリカのウォッチブランド、HAMILTON(ハミルトン)。そのブランド名の由来は、アメリカの高名な法律家であるアンドリュー・ハミルトンから。1892年に創設されたハミルトンは、その正確性と耐久性の高さからアメリカの鉄道時計として採用されてきました。
高い機能性と革新的なデザインで、アメリカ腕時計ブランドの雄ともいえるブランドです。

HAMILTONのおすすめモデル「SPIRIT OF LIBERTY AUTO(スピリット オブ リバティ) H42415551」

出典http://www.hamiltonwatch.com/

ブランドHAMILTON

商品名SPIRIT OF LIBERTY AUTO H42415551

価格¥124,200

2017/2/9時点

商品詳細はこちら

3.ORIENT(オリエント)


SEIKOホールディングスの傘下であるORIENTO(オリエント)。リーズナブルに国産ブランドの高い品質と正確性を手に入れられることから、時計マニアから高い評価を受けているブランドです。ラグジュアリー感がありながらも、決して派手になりすぎないデザインが日本を中心に人気を集めています。

ORIENTOのおすすめモデル「オリエントスター クラシックパワーリザーブ WZ0381EL」

出典http://www.orient-watch.jp/

ブランドORIENT

商品名Oオリエントスター クラシックパワーリザーブ

価格¥62,000

2017/2/9時点

商品詳細はこちら

4.Frederique Constant(フレデリックコンスタント)


スイスのジュネーブを本拠地とするFrederique Constant(フレデリックコンスタント)は、その製品のデザイン設計から製造までを自社工場で手掛けるマニファクチュール・ブランドとして知られています。高品質かつ洗練されたデザインの腕時計をリーズナブルに展開しています。

Frederique Constantのおすすめモデル「クラシック カレ クオーツ FC-235MC26」

出典http://www.clubfc.jp/

ブランドFrederique Constant

商品名クラシック カレ クオーツ - FC-235MC2

価格¥98,000

2017/2/9時点

商品詳細はこちら

5.TAG HEUER(タグホイヤー)

スイスのラグジュアリーブランドであるTAGHOUER(タグホイヤー)。1860年から続く老舗ブランドで、そのアバンギャルドなデザインと高品質が魅力の腕時計が、世界中で支持されています。スタイリッシュなイメージのあるタグホイヤーですが、スイス5大メジャー時計メーカーのうちに数えられるほど、信頼性の高いブランドです。高級時計初心者という方にはうってつけのブランドだと言えます。

TAG HEUERのおすすめモデル「アクアレーサー キャリバー 5 WAK2110.BA0830」

出典https://www.tagheuer.com/

ブランドTAG HOUER

商品名アクアレーサー キャリバー 5 WAK2110.BA0830

価格¥160,000

2017/2/9時点

商品詳細はこちら

6.ORIS(オリス)

世界最高峰の時計を製造するスイスメイドブランドであるORIS(オリス)。未来に長く続くように設計されたその腕時計は、一生ものとして末永く愛用できる品質の高さと耐久性を持っています。ブランドのシンボルとなっているレッドローターが有名ですが、それ以外にも優れたモデルを展開しています。

ORISのおすすめモデル「セロニアス・モンク リミテッドエディション 732 7712 4085 D」

出典https://www.oris.ch/jp/

ブランドORIS

商品名セロニアス・モンク リミテッドエディション 732 7712 4085 D

価格¥190,000

2017/2/9時点

商品詳細はこちら

7.OMEGA(オメガ)

時計ブランドとして知名度の高いOMEGA(オメガ)。高級ブランドとしてのイメージがあるOMEGAですが、20万円以下で手に入るモデルもあり、そのどれもがOMEGAらしい高品質なものばかりです。

OMEGAのおすすめモデル「OMEGA Sea-Master Prodivers300 (オメガ シーマスター プロ300) 2254-50」

出典https://www.omegawatches.jp/

ブランドOMEGA

商品名SEAMASTER 300 OMEGA MASTER CO-AXIAL 41 MM ステンレススティール & ステンレススティール

価格¥712,800

2017/2/9時点

商品詳細はこちら

8.EBEL(エベル)


日本ではあまり知名度がないかもしれませんが、海外では高級時計ブランドとして知られているこのEBEL(エベル)は「時の建築家」とも呼ばれているブランドです。その飽くなき探求心によって作り上げられた腕時計は世界中で高い評価を受けています。

EBELのおすすめモデル「1911 9120L41/6335134」

出典https://www.amazon.co.jp/

ブランドEBERL

商品名 1911 9120L41/5335136 1215479

価格¥367,200

2017/2/9時点

商品詳細はこちら

9.TUDOR(チュードル)

1930年代にロレックスによって設立されたブランドです。 ロレックス同様、機械式にこだわり、その殆どの製品に自動巻ムーブメントが使用されています。ロレックスの精巧さはそのままに、ロレックスとは違うカジュアルな雰囲気のあるデザインで世界中に多くのファンを集めているブランドです。

TUDORのおすすめモデル「ヘリテージ ブラックベイ 36 79500」

出典http://item.rakuten.co.jp/

ブランドTOUDOR

商品名チュードル ヘリテージブラックベイ 36 79500

価格¥347,000

2017/2/9時点

商品詳細はこちら

10.BREITLING(ブライトリング)


スイスの高級腕時計メーカーであるBREITLING(ブライトリング)。コックピットウォッチを製造してきた歴史から航空業界と関係の深いブランドです。ナビタイマーなどの人気モデルの他にも様々な優れたモデルを展開しています。玄人好みのデザインや機能性の高さから、時計好きな方が選ぶ時計という印象があります。

BREITLINGのおすすめモデル「アベンジャー II GMT A329B34PSS」

出典https://www.breitling.co.jp/

ブランドBREITLING

商品名アベンジャー II GMT A329B34PSS

価格¥400,000

2017/2/9時点

商品詳細はこちら

11.IWC(アイ・ダブリュー・シー)

誰もが知るスイスの高級腕時計メーカーで、正式名称はInternational Watch Company。スイスの伝統的なクラフトマンシップとアメリカの機械自動化の製造技術が一体化されたその製品の素晴らしさは世界的な評価を受けています。同ブランドの時計製造へのこだわりは世界的に見ても随一で、部品の最終仕上げ工程にも時間と手間を惜しまずにコストをかけているため、一生ものの時計として長期の使用にも耐えるほどの品質を持った時計を展開しています。

IWCのおすすめモデル「ポートフィノ・オートマティック IW356517」

出典http://item.rakuten.co.jp

ブランドIWC

商品名 ポートフィノ オートマティック IW356517

価格¥385,000

2017/2/9時点

商品詳細はこちら

12.Maurice Lacroix(モーリス・ラクロア)


スイスのチューリッヒに本拠地を構えるブランドMaurice Lacroix(モーリス・ラクロア)。他のブランドではなかなか見られない革新的なコンプリケーションやムーブメントが特徴。機械好きの時計マニアから支持を集めている精巧なつくりとドレッシーなデザインが評価の高いブランドです。

Maurice Lacroixのおすすめモデル「ポントス レクタンギュラー デイト PT6247-SS001-130」

出典https://www.amazon.co.jp/

ブランドMAURICE LACROIX

商品名ポントス レクタンギュラー デイト PT6247-SS001-130

商品詳細はこちら

スーツに合う腕時計で洗練されたスーツスタイルを

以上、スーツに合う腕時計ブランドを12選ご紹介していきました。腕時計はさりげない装飾品ともいえますが、意外と周りに見られているもの。スーツに合う時計を身に着けているかどうかがその人のイメージを大きく左右することもあるかもしれません。スーツスタイルに違和感なく溶け込むような洗練された腕時計は、スキのないスーツスタイルのためには欠かせません。この記事があなたの腕時計選びの参考になれば幸いです。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine