シンプルでおしゃれな腕時計を楽しむメンズが急増中! 注目ブランド「DUFA(ドゥッファ)」の魅力に迫る

シンプルでおしゃれな腕時計を楽しむメンズが急増中! 注目ブランド「DUFA(ドゥッファ)」の魅力に迫る

ライフスタイル

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON
ウエニAD_PC

腕時計はメンズのおしゃれに欠かせないマストアイテムの1つ。その人の顔といっても過言ではないくらい、個性を表現できるアイテムですよね。ビジネスシーンに欠かせないのはもちろんのこと、カジュアルタイムにも重宝する腕時計。

一昔前は、高い腕時計を身に着けることがメンズの価値を表すとされていましたが、スマートフォンなどの普及や時代の移り変わりにより、ファッションの一部として、手頃な価格でもTPOに合わせた腕時計を付け替えて楽しむのがデキるメンズです。 

そして、シンプルなデザインがトレンドである今、特に注目されているのがドイツの時計ブランド「DUFA(ドゥッファ)」に代表されるような、ドイツの名門造形学校「バウハウス」に影響を受けたブランドです。

 トレンドのシンプルデザイン 源流は「バウハウス」にあり

「バウハウス」は、工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築の総合教育学校として、1919~1933年の間にドイツに存在しました。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともあります。ロシア・アヴァンギャルドの構造主義、新造形主義や要素主義などの影響を受け、生み出された合理主義的・機能主義的な教育は、工業デザインや大量生産と非常にマッチするものでした。

1993年に閉校するまでのわずか14年間という短い月日ではありましたが、史上最も重要なデザイナー達に美学の基礎を植え付け、創造の場として、この世のデザインや作品に現在でも影響を与え続けるデザイン研究所として位置づけられています。

バウハウスにゆかりのあるブランドとしては、スーツのHUGO BOSS(ヒューゴ・ボス)、文房具のLAMY(ラミー)、時計のJUNGHANS(ユンハンス)やDUFA(ドゥッファ)、そしてフォントのFutura(フーツラ)などが有名です。

シンプルでおしゃれなドイツの時計ブランドDUFA(ドゥッファ)に注目!

ドイツの時計ブランドDUFA(ドゥッファ)とは一体どのようなブランドなのでしょうか。

DUFA(ドゥッファ)の歴史

DUFA(ドゥッファ)は、1864年、ドイツはザクセン州北西部のライプツィヒに創業された時計とオルゴールを創造する会社「Etzold&Popitz(エツォルド&ポピッツ)」としてその歴史をスタートしました。1912年にはテューリンゲンに工場を設立。1919年に、同じテューリンゲンのヴァイマールに設立されたバウハウスが社会現象を起こし、後にその遺産を継承していくこととなるのです。

そして、1920年にDUFA(ドゥッファ)が設立されます。

その名の由来は、「Deutsche Uhrenfabric(ドイツの時計工場)」がもじられたものとなっています。

新工場を増築するなど、着々とその勢いを増していったDUFA(ドゥッファ)は、クロックやムーブメントの製造販売で全盛期を迎えました。ドイツのクロック業界の最高峰ブランドとして名を轟かせていったのです。

その後、ドイツの名門である「KIENZLE(キンツレ)社」にブランドが引き継がれた後は、ソーラーシリーズの開発、無線制御可能なツインエンジンクロックを開発するなどその幅を広げていきました。

2013年にバウハウスコレクションを立ち上げ、海外で人気を博すと、2015年に日本に上陸したのを皮切りに、2017年に雑誌『FINEBOYS時計』のファッションウォッチアワードで総合1位を獲得するなど、今やおしゃれメンズの中では知らない人がいないくらいのブランドとなっています。

DUFA(ドゥッファ)のこだわり

長い歴史を持つドイツ・テューリンゲン州の、建築と文化の美しさから生み出されたブランドであるDUFA(ドゥッファ)。シンプルで無駄のない顔立ちを特徴とし、機能美を追求したその腕時計コレクションは、精密製造最高峰としての誇りとドイツ時計らしい質実剛健な信念を感じさせます。

裏蓋に刻まれているのは、戦争記念碑とテューリンゲンの文字。ザクセン州ライプツィヒにゆかりを持つブランドとして、ナポレオン戦争における最大規模の戦闘“ライプツィヒの戦い”から100年後の1913年に設立された戦争記念碑をシンボルマークとして刻み続けています。この2つの背景を大事にする裏蓋のデザインからも、DUFA(ドゥッファ)のブランドとしての格やこだわりを垣間見ることができます。

DUFA(ドゥッファ)のオススメポイント

1920年代のドイツクロック産業において最高峰のブランドであったDUFA(ドゥッファ)。ウォッチに移行した今でもファンを魅了し続けています。

※クロック=掛け時計や置時計など、ウォッチ=腕時計や懐中時計などの身に着ける時計

そんなDUFA(ドゥッファ)のオススメポイントの1つは、バウハウスの合理主義的・機能主義的デザインを受け継ぎ、一切の無駄を排したドイツ時計らしいシンプルなデザイン。歴史の深さが重んじられていながらも、機能美を追求したその顔立ちは現代的でもあります。

オススメポイントの2つ目はその価格。

これだけ歴史のある有名なドイツ腕時計ブランド……と聞くと30万円以上してしまうものも多い中、3~5万円代と手ごろな価格で手にすることができるのも非常に魅力的。しかも、そのようなブランドにも引けを取らないデザインと信頼性。

TPOに合わせたおしゃれを実現しつつも、歴史と信頼性に加えて高級感があるので重要な商談、会議の席に着けても大丈夫。オフタイムのデートやちょっとしたパーティー、友人、先輩の結婚式などにも着けて行けるので重宝すること間違いなし! 格調がありながらも、柔らかい文字盤のデザインは、カジュアルな服装にも使いやすいです。シンプルトレンドがアツい今こそ、ビジネスにもカジュアルにも合わせたい、”自慢したくなる時計”です。

DUFA(ドゥッファ)のブランドサイトはこちら >>

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK
シンプルでおしゃれな腕時計を楽しむメンズが急増中! 注目ブランド「DUFA(ドゥッファ)」の魅力に迫る

この記事を気に入ったらいいね!

この記事を気に入ったら
いいね!

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC