人生の失敗で生き方が分からなくなったら……。偉人の失敗談や名言などから立ち直り方を見つけよう

ライフスタイル

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

人生の失敗とはなんでしょうか? 取り返しがつかないものでしょうか? 人生に失敗はつきものです。ですが、失敗したと思える場面に直面すると、誰もが落ち込むというのも失敗につきものです。今回は、人生の失敗について考察です。偉人の失敗談や名言から立ち直り方を検証し、立ち直る方法を探りましょう。また、生き方が分からなくなったときに触れたい映画や本もご紹介します。

人生の失敗ってなに?

http://weheartit.com/entry/50467395
http://weheartit.com/entry/50467395

人生の失敗例とされるものには、どのようなものがあるでしょうか。受験での不合格? 就活での不採用? 失業や廃業? 破産や倒産? 破局や離婚? 確かに、どの場面でもそこに直面すれば気が遠のきますし、人生がそこで終わってしまうような気さえするでしょう。ですが、どんなに大変な失敗をしたとしても、実際に人生までが終幕するわけではありません。むしろ「失敗=終了」ではないからこそ、人生における失敗を辛く感じるのです。

失敗したときこそ考えよう。人生って何だろう?

http://weheartit.com/entry/100872973
http://weheartit.com/entry/100872973

人生に失敗がつきものなのは、もしかすると幸運なのかもしれません。なぜなら、失敗という現象や通過点があるからこそ、人生について考える機会を持てるからです。もし人生に成功しかなかったら、人生を疑うことがありません。すると、自分の人生は本当に成功しているのか確信がもてなくなるかもしれません。また、その人生は自分でなくてもよいのではないか? と、自分の存在価値に疑問をもつかもしれません。

ですが、人生に失敗がもたらされることで、自分が人生に望んでいるものがなんなのかを本気で考えさせてもらえます。そして、「あの失敗があったからこそ、今の成功がある」と言い切れるような、自分でなければならない人生や未来を築くことができるのです。

偉人から学ぶ人生の失敗談や名言とは?

http://weheartit.com/entry/119687510
http://weheartit.com/entry/119687510

失敗? 成功しない方法の発見さ。──エジソン

人生の失敗談として有名なエジソンのエピソード。取り組んでいた発明が成功しなかったとき、エジソンは新聞記者などに「また失敗ですか?」とバカにされても、「いやいや、失敗じゃないね。こうすればうまくいかないという、失敗例を発見しただけさ」と切り返したのです。これはたとえば、小学生の頃に誰もが挑んだ「逆上がり」に似ています。

生まれて初めての逆上がりに、多くの人が何度も何度も挑戦しては失敗を繰り返します。ですが、失敗のたびにコツを掴むわけです。なんとなく、なぜ成功しなかったかが分かるからです。そして、手のマメがつぶれる頃、ようやく逆上がりは成功します。エジソンの名言も逆上がりでの体験も、失敗が成功までの不可欠なプロセスであることを教えてくれているようです。

失敗を知らないのは挑戦をしていないからだ。──アインシュタイン

アインシュタインは、名言王ともいえるほど有名な偉人です。物理学において、常に前人未到の未知を解き明かそうと挑戦していました。だからこそ、失敗さえ誇れたのかもしれません。たとえば、野球なら、ホームラン王は三振王だったりするともいわれます。また、サッカーなら、得点王はその何倍もシュートをはずしているでしょう。つまり、誰よりも成功しているのは、誰よりも挑戦しているからであり、その挑戦の分だけ失敗もリスクもあるということです。

成功を喜ぶより失敗に学ぶことの方が大切。──ビル・ゲイツ

世界の名だたる成功者でもあるビル・ゲイツは、マイクロソフト社の創業者です。ビル・ゲイツにとっては、成功から得られることよりも、失敗から得られることの方が有益だったようです。なぜなら、成功の場面には歓喜しかないかもしれませんが、失敗の場面には絶望感と同時に、失敗への対応策が求められるからです。そしてその対応策にこそ、成功や成長のカギがあると世界的成功者は実感していたのです。

失敗からの立ち直り方

仕事の失敗? 失業や廃業から立ち直るとき

http://weheartit.com/entry/233541897
http://weheartit.com/entry/233541897

仕事を失うというのは、生活や人生に直結しているため、目の前が真っ暗になるような経験といえます。ですが、途方に暮れている暇もないのが失業や廃業の厳しさ。速やかにそれを立て直さなければ、本当に人生を失敗で終わらせてしまいかねません。かといって、悲壮感で自分や周りを責めても、再起を図れなくなります。

そんなとき大切なのは、強くて前向きな捉え方。仕事というのは経済基盤でもありますが、人生で果たすべき役割でもあります。ですから、自分が果たすべき役割が「失業」という名で強制終了されることがあるのです。また、さらに精進することを求められる廃業という名の修業に送り出されることもあるのです。

つまり、失業や廃業に見舞われるということは、人生のステージが変わるという合図。自分の予定や計画と、人生や世の中のタイミングがいつも共鳴するわけではありません。とにかく「なぜそうなったのか」という建設的な反省をしたら、現在の自分にできることに全力を注ぎましょう。きっと、過去の自分にはなかった底力が湧いてくるはずです。

結婚の失敗? 破局や離婚から立ち直るとき

http://weheartit.com/entry/87640087
http://weheartit.com/entry/87640087

破局や離婚というのは、自分だけでなく誰かの存在があってこそ至った結末です。ですから、ここから立ち直るときに大切なのは、相手のことも自分のことも責めないことです。なぜなら、お互いが一緒にいたことで、相手を通して自分のいろいろな部分を知れたはずです。もちろん責めたくなる気持ちや反省、悔しさや不甲斐なさなど葛藤もあるでしょう。ですが、それらはすべて、誰かと生きるにはまだ未熟だった欠点でもあります。

破局や離婚によって、そのような自分の未熟さや、相手の未熟さを補えなかった至らなさ、また、人を見抜く目も含めてすべて気づけるわけです。ですからそこから立ち直るには、その経験からとことん学び、それを自分の強みにし、新しい人生への糧にすることが大切なのです。

就活の面接で聞かれたときの答え方

http://weheartit.com/entry/71879971
http://weheartit.com/entry/71879971

就活や転職などの面接やES(エントリーシート)で、自分の人生の失敗について述べなければならないことがあります。 そんなときは、失敗談だけを述べるのではなく、「なぜその失敗をしたのか」という分析結果や、「どのようにして立ち直ることができたのか」という解決策も合せることが必要です。なぜなら、会社側はそこからその人の対応能力や問題解決能力、物事への捉え方を知りたいからです。

人生の生き方が分からないときに触れたい映画と本

【映画】マイレージ、マイライフ

この映画では、人生の歯車が狂いだしたことをきっかけに、人生の本当の成功や幸せがなにかに気づいてゆく男性の物語が描かれています。もしかすると、押し寄せる挫折や失敗、不運には、人生を成功に導くためのメッセージが詰まっているのかもしれません。

出典https://www.amazon.co.jp

ブランドジョージ・クルーニー (出演)

商品名マイレージ、マイライフ

価格¥800

2017/01/08 20:00時点

商品詳細はこちら

【本】世界のエリートの「失敗力」

この本では、世界で活躍する日本人エリートが体験した失敗談や失敗例を挙げ、そこから乗り越えたエピソードを解説しています。そこには、著者が示す「失敗力」が盛りだくさん。成功には、成功するための失敗がつきまとうということを教えてくれる1冊です。

出典https://www.amazon.co.jp

ブランド佐藤 智恵 (著)

商品名世界のエリートの「失敗力」

価格¥929

2017/01/08 20:00時点

商品詳細はこちら

人生の失敗からは生き方のヒントを見つけよう

http://weheartit.com/entry/56208456
http://weheartit.com/entry/56208456

人生の失敗について考察し、そこから立ち直る方法を検証すれば、人生における失敗というのが、必然の経験や体験でもあることが分かります。ですから、それを学びとして活かすにも、失敗とされる場面でのとらえ方や対応が大切。もしかすると、そのことを気づかせるために起きる失敗もあるのではないでしょうか。そして、気づいた人には、そこから生きるためのヒントが与えられるようになっているのかもしれません。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine