将来なくならない仕事とは? 人工知能の専門家が発表したランキングから徹底検証!

ライフスタイル

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

仕事には、なくならない仕事となくなる仕事があるという衝撃的な見解。それは、AIでおなじみ、人工知能研究のスペシャリスト、マイケル・A・オズボーン准教授が発表した論文中のランキングがきっかけでした。今回は、そのような時代の寵児(ちょうじ)が示した研究結果から、なくならない仕事を徹底検証します!

なくなる仕事ランキングとは?

http://www.gettyimages.co.jp/

2013年、オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授によって発表された論文では、702の職種について将来コンピューター化される確率がどれだけあるかが示されました。そこでは、コンピューター化される確率が低いものからランキングで記されています。その、コンピューター化される確率が低い職種が「なくならない仕事」、逆に確率の高い職種が「なくなる仕事」として多くの人に衝撃を与えたのです。

この論文が発表されたのは2013年ですから、そこから10年後は2023年、20年後は2033年ということで、当時は「2020年になくなる仕事」「2030年もなくならない仕事」というように、さまざまなメディアでその職種が掲げられました。実際にそのランキングを見ていくと、コンピューター化される確率の高い職種として、「税務申告者」「新規口座担当者」「オーダークラーク(受注担当者)」というものがあります。これらの仕事が完全になくなっているわけではありませんが、事実、本人によるインターネットでの処理が可能になっています。

そのほかにも、「受付」「レジ」「窓口」というキーワードの当てはまる仕事は、コンピューター化の確立が高い職種とされています。たしかに、フロントを無人化し、チェックインやチェックアウトをセルフにしているビジネスホテルもあります。また、ガソリンスタンドや定食屋など、完全にセルフサービスで運営している店舗も増えています。つまり、「絶対に人でなくてはならない仕事」というのは、高確率でコンピューター化されているということなのです。

雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか?|マイケル・A・オズボーン

なくならない仕事ランキングとは?

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine