女子が教える裏テク│大人の男性にしてほしいキスの仕方を徹底まとめ

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK
女性がどのようなキスを求めているのか、真剣に考えたことはありますか?いつも同じようなキスでマンネリ化してしまっていませんか?女性をとろけさせるようなキスができれば、パートナーの心をぐっと引き寄せることができます。キスの上手な男性は、それだけで経験豊富な大人という印象を相手に与えることができます。女性は男性にどんなキスをしてほしいのか、それさえ分かれば後は実践あるのみです。女性が求めるキスのやり方をまとめてみました。

いろいろあるキスの種類

ひとくちにキスといっても、その種類は様々。どんなキスがあるのかをちょっとご紹介してみましょう。

1.誤用が多い「フレンチキス」

フレンチキスってみなさんご存知ですか?「唇を合わせるだけのライトなキスでしょ?」いいえ、フレンチキスとは舌と舌をからませ合うキス、つまりディープキスのことを本来差す言葉です。日本で使われるフレンチキスという言葉は誤用されており、軽めのキスはバードキスという方が正解です。
とはいえ、日本ではもうフレンチキスは軽めのキスという定義が認知されているので、そこまで気にする必要はないかもしれませんが。

2.プレッシャーキス

 

唇を閉じたままのキス。つまり、我々日本人にとっての普通のキスです。プレッシャーキスという名称ですが、あまりぶちゅーっとしてしまうのはスマートではありません。お互いの唇の感触を確かめ合うように優しくキスすることがポイントです。

3.スタンプキス

スタンプキスはちょっとテクニックのいるキスです。口を開いた状態で、唇を合わせ、自分の唇で相手の下唇を挟み、そこからはじくようにして動かすキスです。言葉では少々伝わりにくいので下記の動画を参考にしてみてください。
【キス48テクニック】3分40秒辺りから紹介されています。

4.スウィングキス

スウィングキスは、 相手の唇をそっと噛んで、左右に軽くゆするように動かすキス。左右に動かすときは強くゆすり過ぎないよう、軽くそっと動かしてください。ディープキスをする前の導入に使えるキスです。

5.ディープキス

http://weheartit.com/entry/267100681/
http://weheartit.com/entry/267100681/

海外では、フレンチキス=ディープキスだということは先に触れましたが、一口にディープキスといっても本当に様々なテクニックがあります。そのテクニックについてもご紹介しましょう。

5-1.インサート

口を開いて少しだけ舌を出し、相手の口の中にインさせます。あまり舌を入れようとはせず、インサートするというよりは少しペロッと舐めるような感覚です。比較的ソフトなテクニックだと言えます。

5-2.オブラート

その名のとおり、自分の口で相手の舌を包むテクニックです。相手に舌を出してもらい、その舌を吸い込むようにして自分の口で包み込みます。そのままの状態で相手の舌を自分の舌で愛撫してあげましょう。

5-3.サーチング

自分の舌を相手の口の中にインさせ、口内を舌先で探るように愛撫するテクニック。相手の歯茎や歯の裏側などを舌で撫でてあげてください。舌先が触れるか触れないかのタッチで愛撫することがポイントです。自分の触ってみると分かりますが、歯茎や上あごの方は敏感にできていますので優しく愛撫することで感じさせることができます。

女子が教えるキスの裏技!

ここからは、こんなキスをされたいという女性の声からキスの裏技をご紹介したいと思います。キスに自信の無い方、必見です!

1.雰囲気づくりの裏技

キスの前にどれだけ良いムードを作れるかというところもキスのテクニックの内。キスまで絶妙な雰囲気を作れるかどうかは、大人の男性かそうでないかの判断基準のひとつです。それでは、どのように雰囲気を作っていけばいいのでしょうか。場所・会話・タイミングの3項目に分けて検討してみましょう。

1-1.場所 密室が一番!

女性が嫌がるキスとして一番多く挙げられたのが「場所をわきまえないキス」でした。反対にキスをするのに絶妙な場所を選べば、労せずして雰囲気を作ることができます。それではどのような場所がいいのでしょうか。女性の声のなかから、これまで一番ステキだったキスした場所をあげてみましょう。

  • 夜景を見ながら車の中でのキス
  • バーの薄暗い個室で
  • エレベーターの中での不意打ちのキス
  • 花火大会で
  • 普通に部屋でいちゃついてる時

夜景や花火大会でのキスは確かにステキです。ただ日常的なシーンではないので頻繁に使うということはできないですね。寄せられた声の多くが、室内や車内などの密室のなかでのキスでした。やはり、二人だけの空間の方が雰囲気を作りやすいようです。

1-2.会話 「密着+褒め」が大事!

キスの前にどういう会話や身振りがらキスにつなげるかということも非常に重要。極端な例ですが、仕事の話しからキスに持っていくことにムリがあります。自然とキスにつなげられるような会話を心掛けましょう。キスの前のムード作りのためには、どういった会話がいいのか女性の声をご紹介します。

  • 肩を抱きながら髪を褒めてくれる
  • 「お前の頭なでやすくていいな」と頭を撫でる
  • 「肩幅ちっちゃいな」と笑いながら抱きしめてくれた

そりゃいい雰囲気なるわ。ってのばっかりでしたが、ほとんどの声に共通していたのは「密着+褒め」でした。キス前の会話のテンプレとして使ってみるのはいかがでしょうか。

1-3.タイミング 「目が合ったとき」!

場所も会話も完璧、あとは仕掛けるだけとなりました。次に重要なのが「タイミング」です。ここまでうまく雰囲気を作ったのですからなるべく自然なタイミングでキスに持っていきたいところ。どういったタイミングがベストなのか、いくつか挙げてみましょう。

  • 会話が途切れて、目が合ったとき
  • 彼女が顔を10㎝以内に近づけてきたとき
  • 手をぎゅっと握って目が合ったとき
  • 帰り際、バイバイを言う前に目が合ったとき

「目が合ったとき」が半数を超えました。相手の気持ちを視線でさぐるためにも、キスの前には目線を意識してタイミングを図るのがベストです。

2.上手なキス5つの法則

これまで、キスのテクニック、雰囲気づくりについてご説明していきました。最後に女性が求めるキスのなかで外せない5つの法則をご紹介します。

1.最初は優しく

キスの序盤はとにかく優しく、大切なものを扱うようにそーっとキスをしてください。よく外国映画でしょっぱなからお互いの口を吸い合うキスがありますが、あれは避けた方が無難です。

2.最初から舌を使ったりしない

最初から舌を使ったキスをしてしまうと相手を引かせてしまいかねません。序盤は唇を使ったキスを楽しみましょう。

3.キスしながら頭を撫でてあげる

キス中に相手を愛おしむように頭を撫でてあげるなどしてあげれば、気分は更に盛り上がります。

4.緩急をつける

ただ優しいだけのキスで終わらず、二人の気持ちの盛り上がりと同調するようにキスの激しさにも緩急をつけましょう。マンネリを防げます。

5.瞼や鼻などにもそっとキスをする

キスがある程度進んだら、唇を話して相手の瞼や鼻などほかのところにもキスしてみましょう。キスの先のための相手の反応を見るのにも使えます。

最も重要なのは気持ちを込めること

以上、女性が男性にしてほしいキスのやり方についてご紹介していきました。様々なテクニックを検討していきましたが、最も大切なのは相手のことが好きだという気持ちを込めながらキスをすることです。そういった思いは、言わずともキスを通して必ず伝わることでしょう。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine