メンズ秋冬コートの2017年人気トレンド・種類・オススメの着こなしコーデを大特集

ライフスタイル

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

メンズのコート・アウターって種類が多くて何を選べばいいかわからない…

寒くなってくると、コートやアウターを着るのがどうしても必要になってきますが、「コートやアウターってどう選べばいいの?」「何かいつも似たような格好になってしまう…」などとお悩みの男性の方々も多いのではないのでしょうか?そこで今回は、メンズコートのトレンド・種類についてまとめていきます。コート別に、どんな着こなしができるのか、オススメのコーデ、オススメのブランドなど幅広く紹介していきますので、是非参考にしてください。

カジュアルで柔らかな印象が人気|ダッフルコート

ダッフルコートの特徴・着こなしのポイント

ダッフルコートは、元々北欧の漁師が温かい仕事着として着用したのが始まりだと言われています。そのため、着脱がしやすいデザインになっており、留め具と紐のループは、ボタンやジップと比べて、手袋をしていても着脱がしやすいです。機能性も高いと言えます。

ダッフルコートというと、学生時代に制服の上に着るイメージが強い方も多いかもしれません。そのため、ダッフルコートを着ると幼い印象になることを気にしている方もいるでしょう。

ダッフルコートは、ブラック、ネイビー、キャメル、グレーなどのカラーが主です。幼い印象にならないためには、パンツはブラックやネイビーなどにして引き締めるといいでしょう。ニットの中にシャツを着るなどもオススメです。

キレイな雰囲気な中にも、ダッフルコートの柔らかい・可愛い印象が加わり、万人受けされやすいコーデとなるでしょう。

ダッフルコートを使ったオススメコーデ

ダッフルコートを使いながらも、キレイめにまとめたコーデです。ニットとソックス、ニットとニットキャップの色も合わせており、統一感のある大人で柔らかいコーデとなっています。

丈の短めのダッフルコートを使用したコーデです。ブラックのニットから覗くホワイトと、スヌードとソックスのレッドが良いアクセントになっています。落ち着いた雰囲気の中にも、可愛らしさがあるコーデと言えます。

ダッフルコートがオススメのブランド・ショップ

20,000円〜50,000円であれば、URBAN RESEARCH、BEAMS、nano・univereseなどがオススメです。トレンドを取り入れつつシンプルなアイテムが見つかるでしょう60,000円〜であれば、GLOVERALL、BARK、MONTGOMERYなどがオススメです。それぞれ独自のこだわりを持った高品質のアイテムが見つかるでしょう。

落ち着いた雰囲気と使いやすさから人気急上昇中|チェスターコート

チェスターコートの特徴・着こなしのポイント

19世紀にチェスターフィールド公爵が初めて着たことが名前の由来、と言われているチェスターコート。ジャケットを長くしたような形となっており、キレイめかつ大人な雰囲気で人気が急上昇中のアイテムです。

チェスターコートはコーディネートが難しいと思われてがちかもしれませんが、ジャケットを長くしたベーシックな形なので、様々なアイテムと合わせることもできます。ビジネス用にも使うことができるでしょう。カラーは、ブラック、グレー、ネイビー、キャメル、カーキが主です。

細めのパンツと合わせてスマートな装いにしてもいいですし、スラックスとカジュアルに合わせても決まるでしょう。インナーはニットとシャツにするとキレイめに、パーカと合わせるとカジュアルになります。様々なアイテムと相性がいいのです。

チェスターコートを使ったオススメコーデ

女性ウケ抜群のキャメルのチェスターコートを使用したコーディネートです。インナーのニットもホワイトで全体的に柔らかい雰囲気のコーデですが、パンツやシューズをダーク系の色にすることで引き締めています。

シンプル・イズ・ベストを体現したようなコーデ。シンプルなコーデの中から漂う上品さが、大人の雰囲気を醸し出しています。余裕のある大人の男性だからこそできる、さりげなくオシャレなコーデと言えるでしょう。

ビジネスやフォーマルなシーンにうってつけのコーデです。コート、スーツ、ネクタイ、をグレーで統一するという上級者向けのコーデと言えます。グレーの色合いを微妙に変えることで、絶妙なバランスが出ています。

チェスターコートがオススメのブランド

20,000円〜50,000円であれば、STUDIOUS、EDIFICE、UNITED TOKYOなどがオススメです。ベーシックながらもシルエットや素材にこだわったアイテムが見つかるでしょう。100,000円近くする高級なものであれば、LARDINI、LITHIUM HOMME、MR.OLIVEなどがオススメです。独自のこだわりを持った上質で高級感溢れる一着が手に入ることでしょう。

ビジネス使いにもカジュアル使いにも人気|ステンカラーコート

ステンカラーコートの特徴・着こなしのポイント

トレンチコートから派生したレインコートの一種だと言われているステンカラーコート。ボタンのラインは中心の1つとなっているシンプルで爽やかな印象なコートです。また、丈が長めなので、大人な雰囲気も醸し出ています。

シンプルなコートなので、様々なアイテムと合わせやすいでしょう。デニムやスニーカーと合わせてカジュアルに着こなしてもいいですし、スラックスや革靴などと合わせてキレイめに着こなしてもハマるでしょう。

カラーは、ベージュ、ブラック、ネイビー、グレーが主ですが、ブルー、イエロー、レッドなどの色もあります。素材の種類も豊富で、ウールやポリエステル、ウールやカシミヤまであります。まさに万能型のコートといえます。

ステンカラーコートを使ったオススメコーデ

ベージュのステンカラーコートを使った、大人な雰囲気が醸し出されているコーデです。グレーのニットで柔らかさを演出し、濃紺のデニムとブラックのシューズでコーデ全体を引き締めています。余裕と優しさに溢れた大人カジュアルなコーデと言えます。

全体的にダークトーンでまとめたシックな装いです。キレイなシルエットとカラーの統一感で洗練されたスタイリッシュな印象です。また、ニットのレイヤードやソックスに遊び心が感じられます。細部にまでこだわりが見られるコーデです。

ビジネスやフォーマル、ちょっとしたパーティーなどに使えそうなコーデです。ステンカラーコートはシンプルなコートなので、このような装いにも使うことができます。パンツのチェック柄がこなれた印象を与えています。

ステンカラーコートがオススメのブランド

20,000円〜50,000円であれば、STUDIOUS、BLUE WORK、SHIPSなどがオススメです。上質でベーシックな、使いやすいアイテムが見つかるでしょう。100,000円以上する高級なものであれば、MACKINTOSH、BURBERRY、Aquascutumがオススメです。いずれも、細部にまでこだわり抜いた高級感が溢れるアイテムが見つかることでしょう。

学生からビジネスマンまで幅広い人気を誇る|Pコート

Pコートの特徴・着こなしのポイント

Pコートは19世紀の後半からイギリス海軍の着用着として使用されたのが始まりだとされています。丈が他のコートと比べて短いため、カジュアルからキレイめまで幅広く合わせることができます。そのため、学生からビジネスマンまで幅広い層に人気があります。

デニムやスニーカーと合わせてカジュアルに着こなしてもいいですし、スラックスと革靴、ブーツなど合わせてキレイめに着こなすのもハマります。スーツと合わせてもハマりますが、丈が短いためジャケットの裾が出ないように注意は必要です。

カラーはネイビー、グレー、ブラック、キャメルが主です。インナーには、ニットやシャツなどと合わせるとキレイめに決まりますし、パーカを合わせてカジュアルに着こなすことも可能です。

Pコートを使ったオススメコーデ

珍しいカーキのPコートを使ったコーデです。現在持っているネイビーなどのPコートに飽きてきた方には、違った雰囲気の出るカーキはオススメのカラーです。デニムとホワイトのスニーカーでカジュアルに着こなしています。

ネイビーのコートをキレイめに着こなしているコーデです。ネイビーのPコートにホワイトのパンツを合わせて上品で爽やかな装いとなっています。足元にブラウンを持ってくることで、コーデ全体を引き締めています。

Pコートがオススメのブランド

20,000円〜40,000円であれば、UNITED ARROWS、SHIPSがオススメです。ベーシックかつトレンドを取り入れたアイテムで重宝するアイテムを見つけることができるでしょう。50,000円以上の高価なものであれば、SCHOTT、LOUNZE LIZARDがオススメです。キレイなシルエットの上質なものが手に入るでしょう。

キレイめで大人な印象が人気|トレンチコート

トレンチコートの特徴・着こなしのポイント

トレンチコートは、第一次世界大戦時にイギリス軍が軍服の上から着られる防水着として開発したものだと言われています。手元や腰まわりにストラップが付いているのが特徴です。ダブルボタンで、カチッとした印象が強くなるコートです。

「トレンチといえばベージュ!」と言っても過言ではないくらい、ベージュが王道のカラーです。ベージュのトレンチとブラックやグレーのパンツでキレイめに着こなすのもいいですし、デニムなどと合わせてカジュアルに着崩すのもハマります。

ベージュの他には、カーキ、グレー、ブラック、ネイビーなどのカラーもあります。どのカラーを選んでも、キレイめな印象はプラスされるでしょう。そのため、スーツなどに合わせてビジネスシーンなどでも使うこともできます。

トレンチコートを使ったオススメコーデ

王道のベージュを使いキレイめにまとめたコーデです。インナーにはホワイトのニットとギンガムチェックのシャツを使用して、柔らかい印象もあります。小物使いも絶妙で、統一感と遊び心の両方を感じることができます。

グレーのトレンチコートを使ったワイルドでカジュアルな装いです。キレイめなアイテムであるトレンチを、パーカー、ダメージパンツ、スニーカーで着崩した非常にバランスの良いコーデです。程よく個性が出ているコーデです。

トレンチコートがオススメのブランド

20,000円〜50,000円のものであれば、nano・univerese、UNITED TOKYO、UNITED ARROWSがオススメです。ベーシックかつキレイなシルエットのものが見つかるでしょう。

100,000円近くする高級なものであれば、BURBERY、MACKINTOSH、Paul Smithがオススメです。上質な質感とディテールまでこだわり抜いた納得の一着を見つけることができるでしょう。

男らしくワイルドな印象が人気|モッズコート

モッズコートの特徴・着こなしのポイント

アメリカ軍が極寒地での任務用に開発した服と言われています。そのため、防寒性も高いです。フードにファーが付いているものも多く、ボリュームがあって男らしい印象のコートだと言えるでしょう。

アウターにボリュームをもたせて、パンツは細身にするVラインスタイルで着こなすのが、オシャレに見えるオススメの着こなしです。カラーはカーキ系が主です。他にもブラック、ベージュなどもあります。

また、パンツやシューズをネイビーやブラックなどのダーク系のカラーにすることで、コーデ全体が引き締まります。

モッズコートを使ったオススメコーデ

モッズコートの王道コーディネートです。ネイビーのニット、ブラックの細身のパンツと合わせることで、ワイルドな印象のモッズコートがキレイめな印象にまとまっています。ニットの下とソックスの両方をホワイトでまとめているところもポイントです。

ワイルドなモッズコートを上品にまとめた装いです。インナーにホワイトに加えて、メガネ、帽子を上手に駆使することで、知的で柔らかく落ち着いた印象を与えています。モッズコートはブーツの方が合うと言われていますが、スニーカーで上手に着崩してもいます。

モッズコートがオススメのブランド

20,000円〜50,000円のものだと、SHIPS、JOURNAL STANDARD、AVIREXなどがオススメです。シルエットのキレイなモッズコートが見つかるでしょう。

60,000円〜の高価なものだと、AMERICAN RAG CIEがオススメです。シンプルながらも上質なモッズコートに出会うことができるでしょう。

高い防寒性と男らしい印象が人気|Nー3B

N-3Bの特徴・着こなしのポイント

「エヌスリービー」という読み方をするNー3Bは、元々はアメリカ軍の陸軍作業員用の服として作られたそうです。中綿が入っていたりファーがついていたりと防寒性が高く、ダウンと共に冬の定番アイテムです。

大きめのゆったりしたものが多いので、購入する際のサイズ感に気をつけた方がいいでしょう。無骨でワイルドな印象の強いアイテムですが、キレイめにまとめることで洗練された印象を与えることができます。

カラーは、カーキ、ブラックが主です。生地がウールの物を選ぶなどで、無骨さを抑えた印象にするとオシャレに決まります。

N-3Bを使ったオススメコーデ

グレーでウール素材のNー3Bを使った、キレイめなコーデです。インナーはシャツで、パンツは濃紺のデニム、シューズはブラックのレザー、さらにはストールも加えて、キレイめなアイテムでまとめています。洗練された印象の装いです。

ブラックのNー3Bを使用したシンプルでスタイリッシュな装いです。グレーのニット、ネイビーのパンツ、ブラウンのローファーと合わせることで、カジュアルに、しかし上品で高級感のある雰囲気が醸し出されています。

N-3Bがオススメのブランド

20,000円〜50,000円のもので、ALPHA、AVIREX、URBAN RESEACH、nano・universeがオススメです。ALPHA、AVIREXはミリタリーブランドならではのこだわり抜いたものが手に入るでしょう。URBAN RESEACH、nano・universeはスタイリッシュな洗練されたものが見つかることでしょう。

高級感のある装いをしたい時に|ムートンコート

ムートンコートの特徴・着こなしのポイント

極寒の地アラスカに住むエスキモーが羊の毛や皮から作ったが起源とされているコートです。そのため、保温性の高いアイテムとなっています。しかし、安価なものは雰囲気だけ取り入れたものとなっており、保温性が見た目ほど高くないこともあります。

高い保温性を持ち、カジュアルな雰囲気がありながらも、高級感が出るアイテムです。デニムなどと合わせてカジュアルに着こなすのが王道のコーデです。デニムの色を濃厚やブラックにする、ムートンコートを濃いめのカラーにするなどで、キレイめな要素も加えることができます。

ムートンコートを使ったオススメコーデ

濃紺のデニムと、ブラックのシューズを合わせることで、カジュアル感に加えてキレイめな雰囲気も演出した装いです。メガネとベレー帽の小物を使うことで、知的な雰囲気もプラスされています。

ムートンコートの王道のカジュアルコーデです。ワイルドな印象もありながら、ホワイトのインナーとニット帽で可愛らしさもプラスされています。レッドのスニーカーもいいアクセントになっています。

ムートンコートがオススメのブランド

20,000円〜50,000円のものですと、BEAMS、SHIPSがオススメです。ベーシックで合わせやすいムートンコートが見つかるでしょう。

100,000円以上する本格的なものの場合は、PEUTEREY、EMMETI、Cinquantaがオススメです。価格はしますが、それに見合うだけの長く着れる上質なものが手に入るでしょう。

ボリューミーで温かみのあるデザイン|ランチコート

ランチコートの特徴・着こなしのポイント

裏地がアクリル製のボア、表地がコーデュロイやデニム地のものをランチコートと呼ぶそうです。見た目ほどの防寒性が高くなく、ファッション性を楽しむアイテムとも言えそうです。

ボリュームがあって男らしい印象が強く、デニムなどと合わせたアメカジな装いにピッタリのコートと言えるでしょう。最近は、ニット、ダーク系カラーのパンツなどと合わせて、キレイめ感をプラスするのもランチコートの着こなしのトレンドのようです。

ランチコートを使ったオススメコーデ

ランチコートを使ったカジュアルなスタイルです。カジュアルなスタイルですが、濃いめのデニム、グレーのニットを合わせることで、少しキレイめに寄せていて、バランスのとれたコーデと言えるでしょう。

ピンクのランチコートを使った、キレイめな装いです。ランチコート以外は、ダークトーンでまとめていて、洗練された印象があります。また、ダークトーンでまとめたことで、よりピンクが映えて見えています。

ランチコートがオススメのブランド

20,000円〜60,000円のものだと、Wrangler、FREAK’S STORE、HYSTERIC GRAMOURのものがオススメです。シンプルで洗練されたものが見つかるでしょう。

80,000円〜のものだと、EDITIONがオススメです。キレイなシルエットで上質なランチコートが手に入るでしょう。

程よいリラックス感と大人の雰囲気|ガウンコート

ガウンコートの特徴・着こなしのポイント

膝や床に届きそうな長い丈が特徴的なコートです。バスローブのような寝間着として着用されるイメージが強いかもしれませんが、中世のヨーロッパでは外衣として使われたそうです。

長い丈とリラックス感が特徴で、1枚羽織るだけでもインパクトがあります。そのため、インナーは無地のカットソーやシャツなどシンプルなものを合わせるのがオススメです。1枚羽織るだけで、大人のリラックススタイルになるでしょう。

ガウンコートを使ったオススメコーデ

グレーのコートに、ブラックのインナー、パンツ、シューズを合わせたシンプルな装いです。シンプルな装いながらも、コートのゆったりしたシルエットからか、こなれた雰囲気が出ています。

トレンドであるチェック柄のガウンコートを使ったコーデです。羽織るだけでインパクトのあるオシャレな雰囲気となります。しかし、ガウン自体がリラックス感のあるアイテムなので、いい感じに抜け感も出ています。

ガウンコートがオススメのブランド

10,000円前後のものだと、RAGEBLUE、HARE、がオススメです。手頃な価格な上に、デザインも豊富にあるので、お気に入りの一着が見つかることでしょう。

20,000円〜40,000円のものだと、EDIFICE、JOURNAL STANDARD、MONKEY TIMEがオススメです。シンプルながらも上質で洗練されたデザインのものと出会うことができるでしょう。

軽い素材と高い防寒性でビジネスシーンに大活躍|キルティングコート

キルティングコートの特徴・着こなしのポイント

表地と裏地に薄綿の入った「キルト」という生地を使った、防寒性が高いアイテムです。細かいダイヤ型の模様が特徴的なデザインとなっています。

ダウンほどの厚みがなく薄手で軽いものが多く、スーツやジャケットの上などにも着やすいです。そのため、ビジネスシーンでも使用されることが多いでしょう。最近ではツイード地のものも増えてきており、よりオシャレ感が増しています。

キルティングコートはキレイなアイテムと相性がいいです。スーツやジャケットの上に羽織るのもいいですし、ニットとシャツと合わせてもいいでしょう。

キルティングコートを使ったオススメコーデ

キルティングコートを使った、カジュアルでキレイめなコーデです。フリースパンツ、インナーベストなどカジュアルなアイテムが多いにも関わらず、シャツとシューズでキレイめな雰囲気も演出しています。

ビジネスシーンにもってこいの装いと言えるでしょう。ベージュのジャケット、グレーのパンツと淡い印象のアイテムを、ネイビーのキルティングコートが引き締めています。また、ジャケット、シューズ、バッグのカラーに統一感があるのも技ありです。

キルティングコートがオススメのブランド

30,000円〜60,000円のもので、LAVENHAM、Traditional Weatherwear、SHIPSがオススメです。ビジネスにもカジュアルにも使えるオシャレなものが見つかるでしょう。

高い防寒性で真冬は重宝すること間違いなし|ダウンコート

ダウンコートの特徴・着こなしのポイント

ダウンフェザーを生地の内部に敷き詰めた防寒性の高いアイテムです。高い防寒性から、真冬には欠かせないアイテムと言えるでしょう。質のいいダウンがあれば、インナーは薄手のものでも大丈夫だとも言われています。

ダウンはモコモコしていて、着用すると洗練された印象になりにくいアイテムと考えている人も多いかもしれません。「ただの防寒着」くらいに思っている人もいるでしょう。

しかし、最近では細身のものであったり、素材も様々な種類が増えてきており、デザイン性も高まっています。ダウンを選ぶ際には、シルエットや素材に気をつけることで、よりオシャレに着こなすことができるでしょう。

ダウンコートを使ったオススメコーデ

グレーのダウンを使ったシンプルなコーデです。ホワイトのカットソー、ブラックのパンツ、ブーツとシンプルながらも統一感があります。ダウンのシルエットもスッキリとしていて洗練された印象があります。

ダウンを使用したキレイめな装いです。ネイビーのシルエットがキレイなダウンに、グレーのニット、チェックシャツ、ブラックのパンツと全体的にダークトーンなアイテムを合わせることで、シックな印象に仕上がっています。

ダウンコートがオススメのブランド

20,000円〜60,000円のものだと、UARBAN RESEACH、nano・universe、FREAK’S STOREがオススメです。細身で洗練された印象のものが手に入るでしょう。

100,000円以上する高級なものだと、MONCLERがオススメです。値段に見合う上質さで防寒性も抜群です、一着持っていると、重宝するでしょう。

自分や用途に合ったコートを選んでカッコよく決めよう

今回はメンズのコート・アウターについてまとめてきました。メンズのアウターは種類も豊富で選ぶのに困ることもあるかもしれません。コートによって雰囲気もがらりと変わるので、迷うのも当然でしょう。

しかし、場面や用途によって上手に使い分けることを楽しんでこそ、大人のオシャレな男性です。ただ、その中でも自分の好きなもの・自分に合ったものを選んだ方がより気持ちも前向きになるでしょう。

自分と場面・用途にあったコートを手に入れて、日々の生活を彩ってください。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine