シャイボーイの恋愛傾向や行動パターンとは? うまくいく告白やデートハウツーも解説

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

シャイボーイは、草食系男子の代名詞ともいえる男性のことです。今回は、そのシャイボーイの恋愛傾向や行動パターンを検証。また、シャイボーイが告白やデートをうまくいかせるためのハウツーも解説いたします。

シャイボーイの意味とは?

http://weheartit.com/

シャイボーイというのは、英語の「shy(恥ずかしがり屋)」と「boy(男子)」からなる言葉。つまり「恥ずかしがり屋な男子」という意味です。

その特徴としては「内気」「引っ込み思案」「はにかみ屋」「奥手」「人見知り」といったものがあります。そしてそのような性質から、恋愛傾向や行動パターンも特徴的です。

それでは、ここから具体的に見ていきましょう。

恋愛傾向や行動パターンは?

好き避けしてしまう

http://weheartit.com/

シャイボーイといえば「好き避け」といわれるくらい、恋するシャイボーイは好きな女性を避けてしまいます。それはズバリ「恥ずかしい」「緊張する」という性質から来るもの。

自分の気持ちが相手に伝わるのも「恥ずかしい」ですし、好きな女性に見られると「緊張」して「恥ずかしい」のです。そのため好きな女性に自分から話しかけることは滅多にありません。

むしろ無愛想な態度を取ったり、女性に冷たくすることもあります。結果、女性を「嫌われてるのかな?」と勘違いさせてしまうことも多々あります。

心理戦は苦手

http://weheartit.com/

シャイボーイは、巧みな心理戦が苦手。いわゆる恋の駆け引きです。たとえば、シャイボーイとは対角的なプレイボーイ。女性の扱いに慣れていて、女性の心を巧みにつかむ恋愛エキスパートです。

ときに女性に大胆なアプローチをし、タイミングを見計らって逆に素っ気なくしてみる。また、思わせぶりな態度と甘い言葉で女性をその気にさせ、急に弱々しく寄り添う。

シャイボーイにはこのような器用な技はありません。それどころか、女性の心理も読めませんし、女性の心に思い切ってダイブする勇気もありません。

2人きりのシチュエーションに弱い

http://weheartit.com/

シャイボーイとはいえ、「いつでも」「どこでも」「誰にでも」シャイとも限りません。たとえば、男友達や恋愛対象外の女性には自然体で振る舞えるシャイボーイもいます。

ようするに、好きな女性の前でだけシャイになってしまうのです。その特徴があらわれるのは「2人きり」というシチュエーション。好きな女性と思いがけず2人きりになったとき、ソワソワしたり無口になります。

たとえ女性に話しかけられても、表情を変えることなく生返事のような反応しかできません。せっかく好きな女性と2人きりになれても、絶好のチャンスを生かせない性質があります。

会話が続かない

http://weheartit.com/

シャイボーイはスムーズな会話が苦手です。もちろん知識や教養、情報がないわけではありません。緊張して「好きな女性の話を聞けていない」のです。

また逆に「好きな女性の話を聞き過ぎている」こともあり、いざ自分が話すタイミングで言葉に詰まっている場合もあります。

仮に会話を続かせようとしても、自分の話ばかりしてしまい、女性を退屈にさせる特徴も。心理的に「恥ずかしさ」「緊張」が勝っていて、会話の間やリズムにまで意識が及ばないということがあるのです。

見つめるものの目は合わさない

http://weheartit.com/

シャイボーイは、好きな女性を見つめはします。ですが、目は合わせようとしません。もちろんそれは「恥ずかしさ」「照れ」「緊張」から来ています。

たとえば、「好きな女性が下を見て集中しているとき」「自分に背中を向けているとき」「誰かと話をしているとき」は、「ここぞ」とばかりに女性を見つめます。

にもかかわらず、その視線を感じた女性がパッと自分を見たとしても、サッと目をそらすのです。ここでもし「ニコッ」とスマイルでもしてから目をそらせば女性も「ドキッ」とするのでしょうが、それができないのが恋するシャイボーイです。

メールは苦手で返信も遅い

http://weheartit.com/

シャイボーイはメールが大の苦手。なぜなら、感情表現が苦手なのです。そのため、好きな女性への返信は遅くなります。女性に何と返すのがいいのか、とことん悩みます。

また、女性から来たメールを深読みし過ぎて返事が浮かばないこともあります。ときには返信を返せないまま、ということも少なくありません。女性心理を汲み取ることも苦手だからです。

すると女性には「脈なしかも」と思われることがあり、そのうち女性からメールが来なくなるという悲劇も起きます。

LINEやメールの返信はシンプル

http://weheartit.com/

シャイボーイの良いところは「飾り立てない」ところです。ただ、それがLINEやメールの返信に出ると「素っ気ない」と思われがち。シャイボーイは「リップサービス」が苦手なのです。

そのため返信が「了解」「はい」「OK」といった2文字だけということもよくあります。絵文字やスタンプを使うこともほとんどなし。使ったとしてもシンプルなものだけ。これでは「愛想がない」と、女性を不愉快にさせる可能性があります。

もちろんシャイボーイに悪気はありません。ただ「大げさにデコレートするのが恥ずかしい」「普段話さない言葉を使うのは抵抗がある」という心理から来ているだけです。

アプローチが回りくどい

http://weheartit.com/

シャイボーイは率直に伝えるのが苦手です。特に、好きな女性をデートに誘うときのアプローチ。女性にすれば「それってデートしようってことでしょ?」とわかっているのですが、誘い方が遠回しなのでOKが出しにくいわけです。

たとえば「そろそろ桜の季節ですね」「いつ頃満開でしょうね」「お花見ならどこがいいかな~」と、繰り返すだけ。断られるのが怖いという心理が立つせいで「そろそろお花見シーズンですね、一緒に行きませんか?」という、率直なアプローチができないのです。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine