大人の恋愛とは? 求め合う「子どもの関係」と与え合う「大人の関係」を比較しよう

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

大人の恋愛は映画やドラマ、小説などでも描かれます。そしてそのような恋愛に、憧れを感じる人も多いことでしょう。そこで今回は「大人な関係」と「子どもの関係」を比較検証し、大人の恋愛をするために必要なことを解説いたします。

大人の恋愛がしたい

http://weheartit.com/

大人になったからといって、誰もが大人の恋愛をマスターしているわけではありません。また「〇歳からは大人の恋愛をしましょう」というマニュアルもルールもありません。

それでもさまざまな恋愛経験を経て、「そろそろ大人の恋愛がしたい」と感じる大人の男性は多いのではないでしょうか。ただそれを叶えるためには「大人の恋愛」がどのようなものか知りたいですよね。

それではここからは、恋愛における「子どもの関係」と「大人な関係」の特徴を見ていきましょう。きっと大人の恋愛に必要なことがわかるはずですよ。

「子どもの関係」の特徴

いつも一緒にいたい

http://weheartit.com/

たしかに恋愛をすれば、好きな人とずっと一緒にいたいという気持ちになるもの。ただ、子どもな関係の恋愛では「一緒にいないと不安」という、少々ネガティブな気持ちが勝っています。

その理由には「一緒にいないと相手の気持ちが冷めるのではないか」「一緒にいない間に他の人を好きになるのではないか」といった悲観があり──。

それはきっと、「相手を信じる気持ち」や「一緒にいないときの愛情の育て方」が成熟していないためです。

今さえよければいい

http://weheartit.com/

たとえば小学生以下の本当の「子ども」は、そのとき楽しいことだけに夢中になります。それは「子ども」ならではの特権でもあり魅力。

ですがこれは、大人の恋愛にはあてはまらない条件です。つまり「今さえよければいい」というのは子どもな関係特有の恋愛思考。

きっとそのように「今だけ」の感情や欲求にまかせてばかりだと、後々相手を傷つけたり自分が痛い目に遭うような恋愛しかできません。

自分たちしか見えない

http://weheartit.com/

「恋は盲目」とはいいますが、子どもな関係の2人には「自分たちしか見えなくなる」という特徴があります。それは「自分たちさえよければいい」という大人げない恋愛スタイル。

やはりいくら成人同士の恋愛でも、周囲への気配りや気づかいは必要です。たとえば付き合い初めなのに「連日連夜の外泊」をしたとすればどうでしょう。

自分の家族も心配しますし、相手の家族も快く思わないこともあるはずです。たとえ2人の中では結婚を前提に交際しているのだとしても、家族の理解を得ない付き合い方は好ましくありません。

自分のために何でもしてほしい

http://weheartit.com/

たとえば幼い子どもなら、周囲は「自分のために何でもしてくれる存在」かもしれません。ですが恋愛でこれを相手に求めるのは、あまりに「子どもっぽい」姿勢です。

恋人はたしかに自分の心を満たしてくれる存在。ですが「自分のために何かしてくれるから」満たされるということとは違います。

それは恋人が「自分も何かしてあげられる存在」「自分のしてあげたことを喜んでくれる存在」だから満たされるのです。子どもな関係では、このような恋愛の本質が見えにくいかもしれません。

恋愛を中心にして過ごしてしまう

http://weheartit.com/

実際の子どもが何かに没頭したときそれしか見えないように、子どもな関係の2人にとっては恋愛がすべてです。

夜眠る直前まで、そして朝起きてすぐ、また仕事の休憩時間など、とにかくいつでもメールやLINE。休日の予定もすべて恋人とのデート。

このように毎日朝から晩まで恋愛中心の生活が続くと、愛情が執着や束縛に変わることもあります。すると相手のことが好きなのかどうかより、自分の心や時間を埋めるために恋人を従わせようとしてしまうことも。

これでは恋愛中心といいつつ、お互いをダメにしてしまう自己中心的な関係しか築けません。

「大人な関係」の特徴

距離感がいい

http://weheartit.com/

大人な恋愛関係では、程よい距離感で付き合えます。それはいい意味で規則性に縛られていない関係。

相手のことを信じられるので、たとえば「1日1回は絶対メールかLINEする」「週1回は必ずデートする」というルールがありません。

逆に「声が聞きたい」と思ったらそれを率直に伝えますし、「会いたい」と思ったらすぐにでも会いに行きます。そして「1週間以上音信不通」「1ヵ月以上会っていない」としても相手を責めません。

将来のことを見据えている

http://weheartit.com/

大人な関係の2人にとって、将来は「今」と同じくらい大切。ですからデート中でも、自然に将来のことが話題になります。

たとえば「結婚」について。時期や挙式プランについてはもちろん、そのために必要な費用のこと、お互いの仕事のこと、新居のことなど現実的な話をします。

また結婚というスタイルを取らない場合でも、どのような生き方を共有するかについて意見交換します。

大人な関係では「自分の人生と同じくらい相手の人生を大切に考える」ため、将来や人生について話し合うことから逃げないのです。

周りのことも意識する

http://weheartit.com/

大人な関係というのは、周囲からも認められて祝福されます。それは2人が、周囲のことにも気を配っているからです。

たとえば男性なら、夜遅くならないうちに女性を家へ送り届ける。場合によっては家族に挨拶もする。また女性なら、男性の実家で食事をごちそうになったとき片付けなどを手伝う。

男性も女性も大人な関係では「相手のことが大切=その家族も大切」なのです。

相手のために何かしてあげたい

http://weheartit.com/

大人な関係に求められるのは、必ずしも「大人のような思慮分別のある関係」ではありません。そこに必要なのは「相手のために何かしてあげたい」という純粋な気持ちです。

そう、大人の恋愛といっても、純粋さなら「幼い子どもに負けないくらい」のレベルでもOK。むしろ打算や計算のない献身的な愛情こそ「大人愛」といえます。

恋愛以外のことも大切にする

http://weheartit.com/

大人な関係は「続く関係」です。お互いが相手のことを尊重し合うため、長く続きます。やはり恋愛関係がいくら心地よくても、それだけでは生きられません。

仕事や経済活動、恋人以外の人との交流、趣味やライフワークなど、限られた時間の中で「やるべきこと」「やりたいこと」はたくさんあります。

そのような、恋愛以外で大切にしたいことが自分にあるように、恋人にもそれがあります。このように、相手のこともちゃんと考えられるのが大人な関係。

またお互い恋愛以外のことで過ごす時間があるため、精神的にもバランスが取れています。そしていい影響や刺激を与え合い、恋愛感情に加えた「尊敬」や「敬愛」でつながるため、関係が続きやすいのです。

大人の恋愛に大切なこと

http://weheartit.com/

大人の恋愛というのは、大人ぶった恋愛ではありません。ですから背伸びや無理をして演じる関係が大人な関係ではないのです。

大人の恋愛に大切なのは、自分のことよりほんの少し相手を大切に考えること。そのことで結果的に「時間」も「心」も「思いやり」も、相手に適量を「与える」ことができます。

これが「子どもの恋愛」だと……。相手のことより自分のこと、「してあげる」ことより「してもらう」ことばかりを求めがち。すると相手は「時間」も「心」も「奪われている」と感じてしまいます。

ぜひ、求めるのではなく与える恋愛で「大人色の関係」を築きましょう。

大人の恋愛で人生をときめかせよう

http://weheartit.com/

「大人対応」という言葉があります。もしかすると「大人の恋愛」は、恋人への大人な対応なのかもしれません。それは恋人との「未来」を大切にしているからこそ、「今」の対応を大切にできるということ。

きっとそういった「大人な恋愛対応」が、2人の人生をときめかせるはずですよ。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine