結婚を意識するきっかけって? 年齢やみんなのタイミングをご紹介

周りの既婚男性がどんな時に結婚を意識したのか。そのタイミングって、気になる人も多いはずです。世の中の男性が結婚を意識してしまうタイミングや、既婚男性のリアルな結婚を意識した瞬間エピソードをご紹介します。

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

女性と付き合うとき、年齢的にも結婚を視野に入れているという男性は多いですよね。その半面で、「まだまだ結婚なんてするつもりはない」なんて考えている人も少なくはないはずです。

男性が結婚を意識するきっかけや、みんなが結婚を意識したタイミングについて、男性の本音を調査してみました!

男性が結婚を意識するタイミングって?

http://weheartit.com/

まず最初に気になるのが、男性が結婚を意識するタイミングについて。女性の場合は年齢と共に結婚を意識する機会は多くなっていきますが、男性の場合はどんなときに「結婚」と言う言葉を意識するものなのでしょうか?

1.「そろそろかな」と思う年齢になった時

男性の中には、自分が「そろそろ結婚する年かな」と考え始める年齢を持っている人が多いです。特に多かった意見は、「父親が結婚した年齢」というものでした。他には、「小さい頃から30歳になったら結婚すると漠然と思っていた」なんて意見も。

特に20代の男性は、自分が結婚する年齢を明確にイメージしているというパターンが少なくないようです。

2.仕事で昇進などが決まったタイミングで

仕事で昇進が決まったり、他部署への栄転が決まったりした時などに、「そろそろ結婚かな」と意識しはじめる男性も多いようです。これは交際している女性がいる、いないに関わらず「結婚」という文字が頭をちらつくものなんだとか。

昇進して上の立場になっていくと、「妻」という存在の必要性やありがたみに気付くと、多くの男性が口を揃えて言います。上司に憧れの妻がいる時などにも、「俺もそろそろ結婚を本気で考えよう」と意識させられるケースは多いそうです。

3.交際期間が3年などの節目を迎えた時

交際している彼女がいる場合には、3年目などの節目を迎えた時に結婚を意識する男性が多いようです。やはり3年という期間には重みがありますし、なんとなく「3年付き合ったら結婚」というイメージを持っていると言う人は男女を問わず、少なくはありません。

中には付き合った当初から「3年続いたら結婚しよう」と、彼女に宣言していたという人もいるくらいです。3年や5年というカップルにとって節目の年に、結婚を意識すると言う定番のパターンですね。

こんなタイミングで僕たちは結婚を意識しました

http://weheartit.com/

男性が結婚を意識したリアルな瞬間を、3人の男性から教えてもらいました!

就職して3年目で仕事が落ち着いてきた時に

学生時代から付き合い始めて4年目を迎える彼女との結婚を意識したのは、就職して3年目だったというこちらの男性。就職したばかりの頃は右も左もわからず毎日くたくたになっていたそうですが、そんな彼を支えてくれたのは、同じく就職して大変な毎日を送っていた同級生の彼女でした。

そして仕事にも慣れ、同じような日常を繰り返す中で、少しずつ彼女との結婚を意識し始めたと言います。「彼女が待っているのはなんとなくわかっていた」という彼。プロポーズをしたら、彼女は泣いて喜んでくれたそうですよ。

彼女からの猛烈アピールに負けて

もともと結婚願望が薄く、結婚に対する意識と言うのもほとんどなかったというこちらの男性。それでも付き合って3年目の彼女との結婚を決意したきっかけは、一体なんだったのでしょうか?

実はこちらの男性、1つ年上の彼女の方から猛烈に結婚したいと言うアピールを受けていたそうなんです。彼女は「20代のうちに子どもを2人産みたい」という明確な意思があり、それを達成するためには今が結婚のタイミングなのだと何度もプレゼンされたと言います。

「最初は結婚なんてと思っていたけど、話を聞けば聞くほど結婚もアリかなと思えた。彼女のプレゼンが上手かったからかな」彼女の押しに負けて結婚を意識し始めたこと、今では感謝するくらいに幸せな毎日を送っているそうですよ。

ベタだけど風邪をひいて看病して貰った時

交際2年で彼女との結婚を決めた男性。その大きな決め手となったのは、風邪を引いた時に彼女が看病してくれたことだったそうです。

季節の変わり目にはよく風邪を引いてしまう体質だという男性ですが、今まで彼女に看病して貰ったことはありませんでした。現在の奥さんが初めて彼女として風邪の看病をしてくれたのですが、弱っている体と心に沁みて、今まで意識したこともなかった「結婚」と言う言葉が頭に浮かんできたと言います。

「風邪を引いた時に結婚を意識するってよく聞くし、ベタだと自分でも思うけど、やっぱり弱っている時に優しくされるのが1番効くと思う」と語ってくれた男性。結婚してからは奥さんの体調管理のおかげか、風邪を引く回数が減ったそうですよ。

結婚を意識させたい彼女がやりがちなこと

http://weheartit.com/

「彼氏が結婚を意識してくれない」という女性の悩み、私自身もこれまでに多く耳にしてきました。そんな時、女性はどうにか彼氏に結婚を意識させようと、あらゆる手を使ってきます。彼氏に結婚を意識させたい彼女がやってしまいがちなことを、いくつかご紹介しましょう。

結婚情報雑誌をさりげなく部屋に置いておく

気付けば彼女の部屋の片隅に結婚情報誌が置いてあったら、間違いなく彼氏に対する結婚へのアピールだと考えて良いでしょう。こちらは彼氏に結婚を意識させたい彼女にとっては、すでに定番とも言えるテクニックですね。

最近では結婚情報雑誌についてくる付録にかわいい物が多く、女性も「付録が欲しくて買ったんだ」と言い訳ができるようになりました。けれどもその言い訳は決して女性の本心ではありません!

中には雑誌のページに折り目が付いていたり、付箋が貼られていたりする場合もあります。もしも彼女の部屋にある結婚情報誌に何らかの目印が付けられていたら、結婚への本気度もかなり高いと考えて良いでしょう。

友達の結婚式の話や写真を強めにアピールしてくる

友達の結婚式に行くことになったら、その話をこれでもかというくらいにアピールしてくる。これも彼氏に結婚を意識させたい彼女が、よくやってしまいがちな行動の1つですね。

結婚式に行く前から「楽しみ~」とことあるごとに言ってくる。帰って来た後も「本当に素敵だった」と、結婚式の余韻や写真をアピールし続ける。彼女にこんな様子が見られたら、これはあなたに対する結婚へのアピールだと考えて良いでしょう。

結婚への本気度が高まっている場合には、そこから「自分だったらピンク色のドレスがいいな~」と結婚の妄想話を始めるパターンも多いです。これが始まった時には、彼氏として「結婚」を意識し始めることも必要になってくるかもしれませんね。

友達の妊娠や出産の話を憧れのように話してくる

友達の結婚に続いてありがちなのが、友達の妊娠や出産の話をアピールしてくるといパターンです。「妊娠したんだって」「赤ちゃん産まれたんだって」「赤ちゃんに会ってきたんだけど、本当に可愛かった!」というように、妊娠や出産を強めにアピールしてくるのは、結婚を彼氏に意識させたいという想いが込められているケースが多いですね。

女性にとって妊娠や出産は適齢期というものがありますし、自分自身の中で「25歳までには子どもを産みたい」なんて明確なイメージを持っているケースも非常に多いです。そのため、同年代の友人の妊娠や出産の話を聞くと、私もそろそろかなと、結婚に対する意識がグンと強まる傾向にあります。

「私も女の子の赤ちゃんが欲しいな」と、妊娠、出産することに憧れを感じているような口ぶりで彼女が話をしてきたら、それは彼氏に対する結婚への圧力をかけているフレーズと言う可能性もありますよ。

結婚を意識するのはあなたのタイミングでOK

http://weheartit.com/

男性が結婚を意識するタイミングというのは、本当に人それぞれだと思います。付き合っている相手や、自分の置かれている環境。そういったものに合せて、結婚に意識が向く瞬間がいつかきっと訪れるはずです。

周囲や一般的な常識にとらわれることなく、あなた自身が「今だ」と思える結婚のタイミングを見つけてみてくださいね。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine