【部屋を片付ける方法】モテる部屋にするための手順8ステップをご紹介

ライフスタイル

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK
部屋を片付けたいのになかなか片付けられない! それは「忙しい」「不器用」なだけではないかもしれません。そこで今回は、部屋を片付けるコツをご紹介。いつでも「彼女を招けるモテ部屋」にするための8ステップもレクチャーいたします。

部屋が片付けられないと悩んでない?

http://weheartit.com/

「部屋が片付けられない……」と悩んでいる男性の多くは、「どこから片付けていいのかわからない」と行き詰っているもの。ですが、コツを押さえてステップを踏めば、きっと部屋が見違えるほどきれいになりますよ。

部屋を片付けるコツは?

捨て上手になる

http://weheartit.com/

たとえば収納や掃除のプロからも、「片付けの基本=捨てること」などといわれています。逆にいえば、「捨てられない人」の部屋は片付きにくいのです。

だからといって、何でも捨てればいいというわけではありません。大切なのは「捨て方」。ここではそのコツを2つ挙げましょう。

まず1つ目は「いつ捨てるのか」と、タイムリミットを設けること。目安は「3年」というプロもいます。「3年使わないものは、その先3年もほぼ使わない」からです。

そして2つ目は「もったいない」と感じるのであれば「オークション」「フリマアプリ」を活用して換金する方法。こうすることで「捨てる」のではなく、「役立てる」という気持ちになるはずですよ。

収納を工夫する

http://weheartit.com/

上手な収納というのは、「隠す」ということではありません。つまり「どこに何があるかわからない」「必要なものをスムーズに取り出せない」収納では意味がないのです。

理想的な収納のコツは「よく使うものを身近に、あまり使わないものは離れたところに」ということです。たとえば「自分の手の届く高さや距離」が目安。

デスク回り、ソファ回り、テレビ回り、キッチン回り、バスルーム回り──。これらの空間ごとに、高さや距離を考えてアイテムを収納するのです。

さらに、アイテムの関連性で収納棚やボックスを分けることも大切。そうすることで、日頃から「見つけやすい」「しまいやすい」「散らかりにくい」状態が維持できますよ。

モテる部屋にするための手順8ステップ

1.片付けの工程を決める

http://weheartit.com/

部屋を片付けるにあたり、意気込みすぎはNGです。大切なのは「やる気」ではなく「準備」。やる気だけで取りかかると、途中で挫折することがあるからです。

そこで効果的なのが「工程表」。これに沿って、計画的に片付けをしましょう。まず、片付けたい部屋や場所の優先順位を決めます。

そして各部屋や場所ごとに「片付け項目」「所要時間目標」「作業予定日」を明記。さらには作業当日、1日のスケジュールを立てるのもいいです。こうすることで、効率よく片付けが進みますよ。

2.物を仕分ける

http://weheartit.com/

片付けというのは、仕分け作業から始まります。大きくは「要るもの」「要らないもの」とに分けるのですが、その場で判断がつかないものもあるはず。

そのようなときは「保留」カテゴリーを設定するのです。少なくとも3つの分類があることで、作業効率が上がります。段ボール箱や衣装ケースをつかって、どんどん仕分けましょう。

仕分けが終わったら、「要るもの」は最後に収納、整理。「要らないもの」は分別をして捨てるか換金。「保留」ボックスには作業年月日を記し、定期的に廃棄などしましょう。

3.ごみ箱を数カ所に置く

http://weheartit.com/

片付かない部屋というのは、散らかったままであることが多いです。これを解決するには、「散らかりにくい部屋」にするしかありません。

そのために有効なのが「ごみ箱を数カ所に置く」ことです。こうすることで、要らないものをすぐに捨てる習慣もつきます。ポイントは「ちょうどいいサイズ」を選ぶこと。

小さ過ぎるとごみがあふれて不衛生。逆に、大き過ぎるとごみをためすぎます。また、生ごみ以外はフタなしで「見える化」も効果的。こまめに捨てる習慣をつけるためです。

4.「収納内収納」でスッキリ整理する

http://weheartit.com/

収納とは、整理整頓です。棚やラックにただものを収めることではありません。そこで大切なのは、収納の中でさらに収納するという方式。「バッグインバッグ」のようなやり方ですね。

たとえばタンスやチェストなどの大きな収納家具があります。その引き出しの中にいきなり物を詰め込まず、カゴやケースを使って整理をするのです。

もし衣類用のタンスなら、小物、ハンカチ、靴下などをそれぞれ分けてケースに入れ、ケースごと引き出しへ。これがクローゼットなら、いくつかのサイズのタンスで仕分けをします。

このようなスタイルでどの場所にも「収納、さらに収納」を意識しましょう。また、「小さなものは上段」「大きなものは下段」というように段ごとに仕分けるのもポイントです。

5.衣類はハンガーを活用する

http://weheartit.com/

たとえば、「洗濯した衣類をたたむのが苦手」な場合、部屋が散らかりやすいかもしれません。「どうせまた着るし」と、洗濯したまま服を放置しがちだからです。

もしそうであれば、無理にたたもうとせず「掛ける」ことにシフトしましょう。ハンガーはたくさん必要ですが、服を色分けグラデーションで整理すればコーディネートもスムーズ。

セーターやカーディガンなどの肩部分に「型がつかない」ハンガーも市販されています。あとは模様替えの習慣がないとしても、季節ごとにハンガー位置を変えるだけでOKです。

6.掃除道具を数種類持っておく

http://weheartit.com/

こまめに掃除をすることで、部屋をきれいにキープしておくことができます。そのために必要なのが数種類の掃除道具。掃除の規模に応じて使い分けるためです。

たとえば掃除機での入念な掃除を週に1回するとしましょう。ですが2~3日に1回は、髪の毛やホコリが目立つフローリングだけでもきれいしたいもの。

この場合は紙モップがあれば、サッと掃除ができます。また、コンパクトなハンディモップがあれば、デスクやテレビ回りを頻繁にきれいにできます。

7.片付けのルーティンを作る

http://weheartit.com/

部屋を片付けられたなら、ぜひルーティンを作りましょう。たとえば「月に1回は不用品整理」「週に1回は水回りの掃除」「毎晩寝る前にごみ箱のごみ集め」というように。

部屋のカレンダーに「片付けスケジュール」を毎月書き込むのもいいでしょう。そうすることで、きっと「片付け癖」がついてくるはずです。

8.いつもきれいにしておくことは究極の秘訣

http://weheartit.com/

モテ部屋をキープするために最も有効なのは、「片付ける」ことより「散らかさない」ことです。つまり「いつも部屋をきれいにしておく」ことこそ片付けの究極。

そうすることで、片付けの時間や労力を必要以上に割かなくてすみます。また、きれいな部屋を当たり前にすることで、心理的な効果も期待できます。

それは「部屋を汚さないようにしよう」という、いい意味でのプレッシャー効果です。

部屋を片付けて“思わず彼女が帰りたくなるお部屋に”

http://weheartit.com/

もしかすると「片付いた部屋」で暮らす男性には、モテメンズが多いかもしれません。なぜならそのような環境で過ごしていると、気持ちや時間にゆとりがもてるからです。

たとえば「アレがない、コレがない」とバタバタしないため、デートに遅れることがないでしょう。また、じっくりコーディネートでき、センスよくデートにのぞめるはずです。

もちろん「今日、ウチ寄ってく?」と彼女を誘う余裕も。つまり部屋をいつも片付けておけば、それだけでモテ条件がいくつもクリアできるというわけ。

ぜひモテ部屋をキープできるよう、片付け術をマスターしてくださいね。


	
							
心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine