【デニムシャツメンズ】春夏コーデ&着こなしからZOZOTOWN取扱ブランドおすすめアイテムまで紹介

ライフスタイル

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

ヤンチャorキレイめ? 着こなし次第でどちらもイケるデニムシャツ

ヤンチャなコーデもキレイめスタイルも、着こなし次第でさまざまなニュアンスをアレンジできるデニムシャツ。そのままシャツとして着るだけでなく、ジャケット感覚ではおってもサマになるデニムシャツは、春先から夏にかけてカジュアルコーデに欠かせない主役級のアイテムです。

今回は、デニムシャツメンズ特集。春夏コーデ&着こなしから、通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」取り扱いブランドのおすすめデニムシャツ、ファストファッション「GU(ジーユー)」の人気アイテムをご紹介いたします。

デニムシャツ:イカした春コーデ&着こなし

1、デニムシャツ+カットソーパーカー+テーパードパンツ

薄手のカットソー地の柄パーカーをインナーにしたデニムシャツのコーディネート。レイヤードによる着膨れやもたつきを抑えるために、タイトなシルエットのデニムシャツを合わせて、テーパードパンツとのバランスをとり、スタイル全体をすっきりまとめています。

ニット帽やボトム、シューズの色とリンクしたインナーのパーカーを見せるための、ボタンの開け加減も◎ 重ね着した際の上半身をすっきり見せる、デニムシャツの着こなしです。

2、デニムシャツ+テーラードジャケット+ジーンズ

ヤンチャとキレイめを絶妙バランスで見せる、デニムシャツとテーラードジャケット、ジーンズのジャケパンスタイル。マイルドでクリーンなベージュのジャケットとインディゴブルーを対比させ、春らしく若々しいスタイルに仕上げています。

さらにジャケットの袖をたくし上げ、シャツの袖口を折り返す着こなしと、フロントボタンの開け具合がヤンチャな雰囲気を後押しし、大人の落ち着きとは逆ベクトルのちょいワル感を演出。シンプルなコーディネートでありながら、ちょっとイキッた着こなしが新鮮ですね。

3、デニムシャツ+ダブルライダースジャケット+ボーダーカットソー+ジーンズ

デニムシャツとボーダーカットソーにレザーのライダースジャケットをレイヤードした、スタイリッシュなストリートコーディネート。中折れハットにバックパックをプラスしても、ごちゃごちゃ感を感じさせないポイントは、デニムシャツとボーダーカットソーの着こなし方。

ライダースの袖口からボーダーとデニムを覗かせて、フロントはオープンにしてしっかりインナーを見せることで、1つ1つのアイテムがスタイルにしっかり馴染むよう色使いに細心の注意を払っています。

ドレス度高めのハットは赤い羽根飾りと後ろポケットのバンダナでシンクロさせ、ハードなイメージのレザーライダースはデニム素材でしっかり同調。素材感から色使いまで計算された高度な着こなしテクニックに、ただただ脱帽。

デニムシャツ:イカした夏コーデ&着こなし

1、デニムシャツ+カラージーンズ+デッキシューズ

強い陽射しにぼやけがちな夏のカジュアルスタイルを、爽やか&ナチュラルなインディゴブルーでシャキッと見せるデニムシャツのコーディネート。ヘアーカラーや肌の色と馴染むベージュをボトムとシューズにコーデして、デニムシャツを存在感を際立たせています。

もちろん、ボタンの開け方や袖まくりによるデニムシャツの着こなし方、ボトムの裾のロールアップによる肌の見せ加減もイイ感じ!

2、デニムシャツ+カモフラ柄カーゴショーツ+タッセルモカシン

デニムシャツのヤンチャなコーデや着こなしも、淡い色使いならマイルドな雰囲気に仕上がります。ガチガチミリタリーなカモフラ柄も、薄い色をチョイスすれば、柄だけ浮いてしまうことなくスタイルとしても問題なし。

3、デニムシャツ+コットンショーツ+キャンバススニーカー

とてもシンプルでありながら、決して物足りなさを感じさせない夏のデニムシャツスタイル。”フロントボタンは開け過ぎだろう”とか、”ショーツもちょっと短くないか?”というツッコミも忘れてしまうくらいにスタイル全体として完成されたコーディネート。

やはり夏のデニムシャツスタイルは、シンプル・イズ・ベストなのかもしれません。

デニムシャツ×黒スキニー:イカしたコーデ&着こなし

1、デニムシャツ+モッズコート+黒セーター+黒スキニー+黒スニーカー

冬から春への季節の変わり目におすすめなこちらのスタイル。デニムシャツに黒ニットを重ね着し、黒スキニーと黒スニーカーをコーディネート。アクセントカラーとしてのデニムシャツが、重見えしがちなスタイルにほどよい軽さをプラスしています。

2、デニムシャツ+黒スキニー+黒サイドゴアブーツ

デニムシャツと黒スキニーのコーディネートをスタイリッシュにまとめる黒のサイドゴアブーツ。デニムシャツのシルエットはタイトなほどスタイリッシュに、ルーズなほどラフでヤンチャな雰囲気に仕上がります。

3、デニムシャツ+白カットソー+黒スキニー+白スニーカー

デニムシャツと黒スキニーのコーディネートを”こなれ”て見せるなら、足元には白スニーカーが断然おすすめ。インディゴブルーと黒の組み合わせに白が入ることで唐突感を感じる場合は、デニムシャツのインナーに白カットソーを差し込んでチラ見せしましょう。ニュートラルカラーの白がブルーと黒をコーデに馴染ませ、インナーとシューズのカラーのリンクでスタイルの統一感が生まれます。

ZOZOTOWN取扱ブランドおすすめデニムシャツ10選

1、WRANGLER(ラングラー):デニムシャツ

リーバイス、リーと並ぶ、アメリカの3大ジーンズブランド「ラングラー」。カウボーイやロデオライダー御用達、ラングラーの定番ウェスタンシャツをモルガンオムが別注したデニムシャツ。タイト過ぎずゆったり過ぎずのほどよいシルエットが◎

出典http://zozo.jp/

ブランドWRANGLER

商品名デニムシャツ

価格¥15,660

2017/02/15時点

商品詳細はこちら

2、AKM(エーケーエム):ダメージ加工ジョグデニムウェスタンシャツ

「至高のリアルクローズ」を謳ったアイテムが、ヤンチャ系お洒落メンズに大人気のブランド「AKM」。こだわり抜かれたAKMのおすすめは、ハードなルックスからは想像できないほど着心地抜群な、ダメージ加工のデニムシャツ。

出典http://zozo.jp/

ブランドAKM Contemporary

商品名ダメージ加工ジョグデニムウエスタンシャツ

価格¥14,040

2017/02/15時点

商品詳細はこちら

3、HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー):SUPER FUZZ刺繍USED加工 デニムウェスタンシャツ

1960年代から70年代のロックやアートなどサブカルチャーをフィーチャーしながら、こだわりのアメカジアイテムが大人気の「ヒステリックグラマー」。そんなヒスのおすすめは、左胸とバックヨークに施したポップな刺繍がいかしてるウェスタンシャツ。決して派手さはないものの、しっかりツボを押さえてます。

出典http://zozo.jp/

ブランドHYSTERIC GLAMOUR

商品名SUPER FUZZ刺繍USED加工 デニム長袖ウエスタンSH

価格¥30,240

2017/02/15時点

商品詳細はこちら

4、Levi’s(リーバイス):バーストゥーウエスタンシャツ

ジーンズと言えばリーバイス。細かな説明が必要ないくらい、デニムシャツだって普通にイケてます。

出典http://zozo.jp/

ブランドLevi's

商品名バーストゥーウエスタンシャツ/CONE MILLS 7.8oz デニム

価格¥8,640

2017/02/16時点

商品詳細はこちら

5、Saturdays NYC(サタデーズ ニューヨークシティ):クロスビィ デニムシャツ

アーバンサーフブームの火付け役として知られる「SATURDAYS NYC(サタデーズ ニューヨークシティ)」。余分な装飾を排除した、サタデーズらしいベーシックで都会的なデザインのデニムシャツは、パーカーやグラフィックTシャツと並ぶ、毎シーズン人気のアイテムです。

出典http://zozo.jp/

ブランドSaturdays NYC

商品名Crosby Denim Shirt

価格¥17,820

2017/02/16時点

商品詳細はこちら

6、EDWIN(エドウィン):ウェスタンデニムシャツ

日本の老舗ジーンズブランド「EDWIN(エドウィン)」。ナチュラルでほどよいユーズド加工を施したデニムシャツがイイ感じ!

出典http://zozo.jp/

ブランドEDWIN

商品名ウエスタン デニムシャツ

価格¥7,560

2017/02/16時点

商品詳細はこちら

7、CAMBIO(カンビオ):ストレッチデニム ウェスタンシャツ

時代の空気感を捉えたアメカジスタイルが大人気の「カンビオ」。オーセンティックなデニムシャツをベースにしながら、しっかり今っぽいデザインに昇華されているウェスタンシャツ。

出典http://zozo.jp/

ブランドCAMBIO

商品名ms2972-8oz Stretch Denim Western Shirts ウェスタンシャツ

価格¥12,960

2017/02/16時点

商品詳細はこちら

8、REMI RELIEF(レミ レリーフ):デニムウエスタンシャツ-スタンダード

生地やデザイン、加工に至るすべての工程にこだわりを持ち、自社ファクトリーでの一貫したプロダクトに徹するブランド「レミ レリーフ」。ブランドのアイコンであるウェスタンシャツは、有名セレクトショップを中心に大きくフィーチャーされています。

出典http://zozo.jp/

ブランドREMI RELIEF

商品名デニムウエスタンシャツ-スタンダード

価格¥24,624

2017/02/16時点

商品詳細はこちら

9、Off-White(オフホワイト):『DIAG SPRAY』デニムシャツ

クリエイティブディレクター「ヴァージル・アブロー(VIRGIL ABLOH)」が手掛けるラグジュアリーストリートブランド「オフホワイト」。ブランドのアイコンであるストライプをバックにスプレープリントしたデニムシャツはインパクト大!とにかくエッジの効いたデニムシャツが欲しいという方におすすめです。

出典http://zozo.jp/

ブランドOFF WHITE

商品名『DIAG SPRAY』デニムシャツ

価格¥71,280

2017/02/16時点

商品詳細はこちら

10、TMT(ティーエムティー):シングルステッチ クラッシュデニムシャツ

1970年代から80年代のアメリカにフォーカスしたカジュアルスタイルを提案する人気のブランド「TMT」。絶妙のヴィンテージ&リペア加工のデニムシャツは、本物のヴィンテージシャツかと見紛うほどの迫力です。

出典http://zozo.jp/

ブランドTMT

商品名L/SL SINGLE STITCH CRUSH DENIM SHIRTS(HQ)

価格¥35,640

2017/02/16時点

商品詳細はこちら

コスパ抜群! GUの人気おすすめデニムシャツ

それでは最後に、日本が世界に誇るファストファッション”ユニクロ”の弟分、GUの人気おすすめデニムシャツを紹介します。とにかくGUのデニムシャツはカスタマーレビューがとても高く、コスパ抜群で顧客満足度ナンバー1。プライス的にはほとんどTシャツ感覚なので、何枚もまとめて大人買いされる方が多いとの事。

デニムウェスタンシャツ

やや細身のすっきりとしたシルエットとしっかりしたデニム素材が特徴のウェスタンシャツ。ガンガン洗ってもヘたれづらく、年中着れると大評判。ホワイト、ブルー、ネイビーと3色展開されていて、カラーによってまったく雰囲気が異なるので、全色まとめて購入するという方が多い事でも知られています。

出典http://www.uniqlo.com/

ブランドGU

商品名デニムウェスタンシャツ(長袖)

価格¥2,149

2017/02/16時点

商品詳細はこちら

ライトデニムシャツ

先ほどのデニムウェスタンシャツよりも柔らかで、ジャケットのインナー使いや肩掛け、腰巻きしやすいライトデニムシャツ。

出典http://www.uniqlo.com/

ブランドGU

商品名ライトデニムシャツ(長袖)

価格¥2,149

2017/02/16時点

商品詳細はこちら

ヤンチャからキレイめまで、春夏はデニムシャツを自在にコーデ

ヤンチャなコーデからキレイめスタイルまで、デキるメンズはデニムシャツを自由自在にコーディネート。

陽射しの強さで季節の変化を感じる春夏は、その日の気分だけでなく季節の陽射しを意識したデニムシャツの色をピックアップし、イカしたスタイルに仕上げましょう!

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine