週末はホームパーティーしよう! モテるホスト役に必要な準備6つと服装&マナー

ライフスタイル

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

ホームパーティーでのお祝いや家族サービスはとても人気。また、交流を目的とした週末パーティーをする人も増えています。そこで今回は、ゲストにモテるホスト役ハウツーをレクチャー。大人のためのパーティー作りをアシストいたします。

ホームパーティーをするメリットは?

http://weheartit.com/

ホームパーティーのメリットはいくつかあります。まず、レストランなどと比べて予算を抑えられること。そしてグループで利用する場合の時間制限などもかかりません。

プライベートな空間を共有することで、ゲストとの親密度もアップします。あとは気になる女性を誘うにしても、声をかけやすいです。

「今度ウチでホームパーティーするからおいでよ」という響きは、誘われる女性にとっても親しみを感じれるもの。この場合は「〇〇さんや〇〇クンも誘ってるよ」と、他にもメンバーがいることを付け加えるといいですよ。

ホームパーティーの種類

ホームパーティーといっても、いくつか種類があります。ここでは、よくあるパーティースタイルをご紹介しましょう。

持ち寄りスタイル

http://weheartit.com/

持ち寄りスタイルでは「好きなもの」を持ち寄ってシェアします。また持ち寄り品に偏りがないよう、あらかじめ予算を決めて「誰が何を買うか」分担することもあります。

いずれにしても、飲み物などの重いものは男性が購入するのがいいでしょう。パーティーテーマを決め、食べ物のジャンルを絞っておくことも大切です。

ケータリングスタイル

http://weheartit.com/

ケータリングとは、プロのシェフや調理人に料理をふるまってもらえるサービス。自宅に居ながらにして本格的なお店の味を楽しめます。ジャンルも和洋折衷さまざま。

食材だけでなく、容器も準備してくれる業者もあります。電話1本、クリック1つでオーダーできるホームパーティーとして人気です。

バーベキュースタイル

http://weheartit.com/

ホームパーティーの定番でもあるバーベキュー。庭やベランダなど屋外限定ではありますが、開放的な雰囲気があるのでとても盛り上がるスタイルです。

グリル料理だけでなく、スモーク料理やバーベキューご飯など楽しめる料理にも幅があります。女性のハートをつかむなら、「鍋で作るパン」や「焼きマシュマロ」などもふるまいたいところです。

鍋スタイル

http://weheartit.com/

「鍋パ」という名のホームパーティーは、時代とともにセンスアップしています。たとえばある頃までは「寄せ鍋」「すき焼き」「キムチ鍋」などがスタンダードでした。

それが近頃では「アクアパッツア」「チーズフォンデュ」「アヒージョ」などという「おしゃれ鍋」が当たり前。「鍋奉行」といわれる仕切り屋さんも「口うるさい」のは好まれません。もてなし上手な「鍋パホスト」でなければ務まらないとか!?

モテるパーティーホストの準備6つ

1.簡単な飾り付けでムードアップ

http://weheartit.com/

ホームパーティーは、ただの「家飲み会」ではありません。「自宅で楽しむパーティー」です。そこで必要なのは飾り付け。ぜひ自宅をムードアップしてゲストを盛り上げましょう。

おすすめなのは100円ショップのパーティーグッズ。シーズンであればハロウィンやクリスマスなどのグッズも充実していますし、風船やモール、キャンドルならいつでも購入できます。

2.レシピ要らずのおつまみで「ツカミ」はOK

ホームパーティーでは、「ツカミ」もホストに求められる力量です。そこで効果的なのが「簡単おつまみ」。できれば「手作り」がおすすめです。

レシピ要らずでおしゃれなおつまみとしては──。「生ハム」「チーズ」「フルーツ」を用意。それぞれ食べやすくカットして、大きめのお皿に盛ります。

あとは上からほんの少しオリーブオイルとハーブやスパイスをちらすだけ。このような「レシピ要らずの手作りおつまみ」で、メイン料理が仕上がるまでゲストをもてなしましょう。

3.きれいなグラスや食器の用意

ホームパーティーがどのようなスタイルでも、グラスや食器はきれいなものを用意しましょう。それは「高価なもの」という意味ではありません。

予算的に可能なら100円ショップのものでもいいですし、紙製やプラスチック製のものでもいいのです。大切なのは「揃っていること」「衛生的であること」です。

4.氷や保冷材でドリンククーラーを手作り

http://weheartit.com/

ホームパーティーで1番気をつかうのは、実は「冷たいドリンク」です。なぜならお店のように冷たいまま運んでくれる人がいないからです。

そしてたびたび冷蔵庫とテーブルを往復するのは大変。そこで準備しておきたいのが「手作りドリンククーラー」です。ただ「手作り」といっても簡単。

大きめの容器に「保冷材」→「氷」の順で入れておくだけです。自宅に適当なものがなければ、100円ショップにあるものでOK。おしゃれなダストボックスやスチールバケツなどいろいろ揃っていますよ。

5.女性のハートをキャッチするデザート

http://weheartit.com/

ホームパーティーであってもレストランパーティーであっても、女性のハートをつかめるものはやはりデザート。ぜひ冷凍庫や冷蔵庫にしのばせておきましょう。

おすすめは「冷たく」て「口どけのいい」デザート。お腹がいっぱいになっていても口にしやすいからです。たとえば「プリン」「アイスクリーム」「シャーベット」「ジェラート」などがおすすめです。

6.みんなで盛り上がるゲーム

ホームパーティーには、料理以外にも楽しめるものがあります。それがゲームです。合コンなどでは、スマートフォンのアプリをつかった「カップリングゲーム」などが人気。

ですがせっかくなら、日頃なじみのないアナログゲームを試してみては? おすすめなのは「ボードゲーム」です。中でもグループで盛り上がるなら「人生ゲーム」。

サイコロをふってコマをすすむ「すごろく」のようなものですが、テーマは「人生」と壮大。大金を手に入れたり、結婚をしたり、子どもが生まれたり──。

ボード上で人生をバーチャルに味わえる、大人のためのパーティーゲームです。

ふさわしい服装は?

ラフなお家カジュアルでおもてなし

ホームパーティーの魅力はカジュアルなところ。ですから服装もラフなスタイルがいいです。「ちょっとおしゃれな部屋着」というファッションがポイントです。

カフェエプロンでおしゃれにホスト感

パーティーのホストとしてなら、「カフェエプロン」をさりげなく巻くのもおしゃれです。「ようこそ」とゲストを迎えるときにホスト感も出ます。もちろん準備をするにあたっても機能的ですよ。

大切なマナーは?

夜遅くまで騒ぎ過ぎするのはNGマナー

http://weheartit.com/

ホームパーティーは、たしかに「時間制現なし」「完全貸し切り」です。ただ、夜遅くまで騒ぎすぎるのは近隣へのマナーとして避けたいもの。

夜が深まってからのパーティーは、一度仕切り直してみては? たとえば照明を落としてキャンドルを灯し、スロージャズなどをBGMにしてお酒を変え、バーのような大人のムードを楽しみましょう。

女性にお酒を飲ませすぎるのはNGマナー

http://weheartit.com/

ホームパーティーでも、女性への配慮は大切です。いくら盛り上がっても、お酒を飲ませすぎるのは禁物。女性のピッチやテンションにも注意してあげましょう。

適度にフルーツジュースやジェラートなどをすすめ、口直しや気分転換をさせてあげるのもいいですよ。

モテるホームパーティーをマスターしよう

http://weheartit.com/

モテるホストハウツーをマスターすれば──。大人な“パーティーピーポー”をいつでもスマートにもてなせることでしょう。ぜひ、いろいろなスタイルのホームパーティーをプロデュースしてくださいね。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine