彼女がベタ惚れ! 彼女を惚れさせる彼氏の振る舞いとは

恋愛・デート

格好良く年齢を重ねる男のためのブランド BOTOCOLLAX BLACK

ずっと好きで気になっていた女性に気持ちを伝え、ついに自分の彼女にできた。想いを寄せていた女性を落とした瞬間。それは男性としては何事にも変えられない充実した気持ちを感じる瞬間ですよね。

でも、彼女にできた瞬間というのは交際が「始まった瞬間」に過ぎません。射止めた女性をずっと自分に惚れさせる。それが本当の魅力ある男です。でも、そう分かっていても彼女の気持ちがわからずに悩む男性は非常に多いです。

彼女をベタ惚れさせる男はどんな振る舞いをし、どんな言葉を使っているのか。またどういう恋愛心理でそんな振る舞いができているのでしょうか。

愛情表現はストレートでスマート、程よくドライ

http://data.whicdn.com/images/279067816/large.png
http://weheartit.com/

彼女をベタ惚れさせる男性は愛情表現が上手です。基本的にはストレートに素直な感じで愛情を表現します。変に理屈っぽく、回りくどい言い方をしたりせず男性らしいシンプルで純粋な表現を使います。

でもそれはスマートでやぼったくはありません。彼女の気持ちに寄り添っていて、ちゃんと彼女の気持ちが高まるシチュエーションに合わせてフィットした表現を選んでいます。

そして男性にありがちな「俺がしてやった」という恩着せがましい感じや、彼女にも同じような愛情表現を求めるようなことがないので良い意味でドライです。

「好き」の使い方は絶妙

好きは自分の気持ちや好意を使える最も簡単で短い言葉。彼女を惚れさせる彼氏は好きという言葉の使い方が絶妙です。多すぎず少なすぎず、タイミングよく気持ちを伝えています。

まず彼女の性格や2人でいる時の雰囲気を彼女目線でイメージできていますか? 好きと言い過ぎると重く感じていそうか。控えめの性格でこちらの言葉を待っているような性格なのか。

彼女を惚れさせる男性は女性を理解しようとする心の余裕を持っています。彼女がいつも自然体で居られる2人の雰囲気に合わせて回数を絶妙に調節しています。そして愛情表現のタイミングもデートのムードや彼女の気分の高まりにちゃんと合わせているのです。

見返りを求めない

男性は女性よりも考え方が論理的だと言われています。そんな男性は知らず知らずのうちに愛情表現に見返りを求めていることがあります。論理的に考えれば、好きと言った分だけ相手からも返ってくるはずと考えてしまうのです。

なので彼女が自分の思う程度に好きと言ってくれない時は彼女の気持ちが分からずイライラしてしまいます。でも彼女が自分の思い通りに好きと言ってくれなければ自分も好きとは思えないのは条件つきの愛情のようなものです。

逆に彼女を惚れさせている男性は愛情表現がぶれません。自分が好きなんだから好き。自分の気持ちを満たすために彼女に愛情表現の要求などはせず、自分の愛情表現も程よくドライなのです。

スキンシップは人前でもさりげなく

彼女にベタ惚れされている男性の多くが彼女にしていること。その多くに共通することは女性に安心感を与えること。その1つが友達の前でもさりげなくするスキンシップです。

共通する友人と時間と共にする時、特に女友達がいる時などはいやらしくない程度に手をつないでエスコートしてあげたり、頭をなでてあげたり。自然な感じでスキンシップをとるのです。

男女関係において男は獲物を追いかけるハンターのようなものです。彼女がいても他の女性についつい目がいってしまったり、いい格好をしたくなるのは男性の本能のようなもの。

女性も男性のそういう部分は直感的にわかっているので、人前でスキンシップをとってもらえることによってある意味の安心感を与えます。そして彼女もそんな男性を安心して好きになることができるのです。

彼女を受け入れてあげる気持ちの余裕

http://data.whicdn.com/images/279067312/large.jpg
http://weheartit.com/

女性は良い意味でも悪い意味でも感情的な生き物です。雨が降って服が濡れたらすぐにイライラしますが、雨が上がって虹が出るとさっきまでのイライラがなくなり嘘のようにウキウキし始めます。

そんな女性は男性からはつじつまが合っていない、筋が通っていないと感じられることが多く、カップルの不仲の多くもこういったすれ違いから始まります。

逆に彼女にベタ惚れされている男性は気持ちにある種の余裕があります。彼女の気分や感情のうねりをそのまま受け入れて「そういうところも含めて全部好き」と言える懐(ふところ)の深さがあります。

会話はいつも聞く姿勢

モテる男性は聞き上手。そう聞いたことのある方も多いでしょう。でも男性はなかなか聞き上手になれません。例えば一緒に食事に行ったお店の暖房が効き過ぎている時、女性は「暖房効き過ぎてるよね」と感じたことを口に出します。

男性は「温度を下げてもらおう」と考え、すぐに店員さんを呼んでお願いをします。彼女はそれをありがたいとは感じますが、その対応自体が彼女を喜ばせることはありません。彼女をベタ惚れさせる男性は常に彼女の「今の状態」について優しくそしてマメにヒアリングをしてあげているのです。

「顔赤いよ。大丈夫? 頭がぼーっとしちゃう感じ?」

女性が喜ぶことは問題を早く解決することではありません。今の自分の状態がどうなのかまずはちゃんと聞いて受け止めて欲しいのです。

指示はしない、常に共感

女性は相談をすることが好きです。男性も付き合っている彼女から相談を受けると、頼りにされていると感じ嬉しいものですよね。でも、彼女から惚れられる男性とそうでない男性とでは相談への対応の仕方が大きく違います。

「明日行くお店ってどんな雰囲気の店だっけ? どんな服で行こうかな?」
「そんな高級な店でもないからいつもの感じで大丈夫だよ」

こう言われると女性の多くはモヤモヤします。女性は高級店でないこともいつも通りでいいこともわかっています。女性はただ、一緒に考えて欲しいだけなのです。

「本当だね、どんなのがいいかな? 今考えてる候補はあるの?」

彼女からベタ惚れされる男性は女性の感情に共感して、一緒に考えてあげることが自然にできるのです。

包み込むようなやさしさと細やかな気づかい

http://data.whicdn.com/images/279072782/large.jpg
http://weheartit.com/

彼女をずっと惚れさせる男性はとても優しく、気づかいも細かいところまで行き届いています。男性であれば女性を惚れさせるにはある種の男らしさが必要であると考えがちです。でも実際、彼女とうまくいっている男性の多くは「そこまでしなくても……」と思われるくらいに優しく、気づかいできています。

常に体調を気づかう

彼女と長い期間うまくいく男性は必ずと言っていいほど、彼女の体調のことを気にかけてあげています。実は「俺にかまってくれ」と思いがちな男性にはこれがなかなか難しいのです。
バッチリ準備したデート当日。動物園に行った後、彼女が前から気になっていたイタリアンで晩ご飯。彼女は心から楽しんでいる……はずが、なぜか彼女は浮かない表情。

「ここまでやってるのに何が不満なんだろう。俺、これ以上のことは無理」

こういう時、彼女は単純に動物園デートで疲れているだけだったりします。でも男性はデートの段取りを頑張った自分目線からなかなか抜け出せません。
逆に、彼女に惚れられる男性は腹の立つことを言われた時でさえ「もしかしたら今日は体調が優れなくてイライラしているのかも」と考えることができているのです。

メールやLINEの返信は早い

付き合う前と後ではメールやLINEのやり取りはどのカップルでも多少の変化が起きます。特に男性の心理としては「俺の女になった」と思えば、付き合う前の必死さもおさまるもの。ここでやりがちなのがLINEの既読スルーや返信の後回しです。

男性は基本的に考え方が合理的。すでに付き合っている状態の彼女の気持ちを惹きつけておく必要性はないと判断してしまいます。でも、男性とは違い女性は男性の何気ない行動から優しさや気づかいを直感的に感じとります。メールやLINEのやり取りもそのうちの一つです。

彼女から長く愛される男性は自分がくだらないと感じることであっても彼女への気づかいを怠りません。

下手なかけ引きはしない

http://data.whicdn.com/images/279070503/large.jpg
http://weheartit.com/

「彼女を俺に惚れさせる」と聞けば、男性の多くは何かテクニックを使って女心をくすぐったり、駆け引きに勝って相手を惚れさせるというイメージをするでしょう。

でも実際は彼女をベタ惚れさせている男性は派手にお金をつかったり、演出をこったりしていません。普段二人でいる時に彼女に優しく気づかいをし続け、相手を理解しようと努めているだけです。そういった男性の日々の行動の積み重ねが彼女を惚れ直させるのです。

彼女を自分にもう一度惚れさせたい男性は一度自分のプライドをかなぐり捨てて、彼女に尽くしてみてください。尽くすことは女性だけがすることではありません。女性は男性の行動や気持ちを直感的に感じとるものなのです。

心やすらぐ、シャボンな毎日 AQUA SAVON

当社はこの記事の情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について正確性、妥当性、その他一切について責任を負うものではありません。

ウエニAD_PC
be-routine